パンナコッタについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

濃厚なクリームとぷるるんとした食感が堪らないスイーツが登場しました。

イタリアンなデザートが日本に来航してきましたよ。

そしては、牛乳や砂糖などを混ぜて作った冷たいスイーツです。

上品さと甘さが組み合わさった新鮮な味が楽しめます。

ちなみにパンナコッタはゼラチンを利用していて、

プリンはゼラチンを利用していない事が大きな特徴です。

パンナコッタについて

パンナコッタは、ゼラチン(固める際に必要な具材です)で冷やし固めた洋菓子です。

別名は、パンナ・コッタです。

基本的に生クリーム、牛乳、砂糖、ゼラチンを使用しています。

パンナは生クリーム、コッタは煮るという意味は含まれています。

大きな特徴は、イタリア発祥のお菓子です。

そして、高カロリーとして有名です(生クリームの量が多いからです)。

現在は、ファミリーレストランや喫茶店でスイーツとしてメニュー展開されています。

ちなみに生クリームの単価は、高いです。



パンナコッタの作り方について

美味しい作り方は、ゼラチンを作る工程がポイントです。

水と粉ゼラチンを容器に入れてふやかして置きます。

①生クリームは300mℓ(ミリリットルです)、牛乳は150mℓ、粉ゼラチンは8g(グラムです)、

砂糖は50g、水は大さじ4、アプリコットジャムは適量です。

②鍋に牛乳、砂糖、生クリームを入れて中火で煮込みます。

③沸騰する寸前に火を止めて、ふやかしたゼラチンを入れて余熱で溶かしていきます。

④鍋の底に氷水を当てて冷やしていきます。

⑤冷たくなったら水で濡らした流し缶に入れて冷蔵庫で保存します。

⑥固まったら小さな器に移します。

⑦トッピング(アプリコットジャム等のフルーツです)して完成です(4人分です)。

 
 
    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

ソーシャルメディア