卵料理について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

食生活を変える事によって、健康状態が劇的に変わります。

生活習慣病が世間一般に認知されていた昨今、糖尿病や高血圧などの様々な病気が起こっています。

そして内臓脂肪症候群が、運動不足や過食等によって発症しやすくなっています。

しかし卵は、メタボリックシンドロームに効果的な作用が秘められています。

日常生活に欠かす事ができない食品は、

栄養価の高い食材を組み合わせて美味しい料理生活を育んでいきましょう。

ちなみにメタボリックシンドロームは、複数の病気(高血糖、高血圧、脂質代謝異常です)が重なった状態です。

卵料理について

卵は、機能性食品です。

そして栄養価が優れている事で、献立に採用される事が多いです。

最近は、介護食品として注目されています。

主な効果は、消化吸収力が高い(胃腸の働きの活性化に期待できます)、

老化防止効果(タンパク質の成分によって脳の活性化に期待できます)などです。

ちなみに機能性食品は、生活習慣病の改善効果がある食品です。

11月05日は、『いいたまごの日』です。

さらに卵料理は、卵を使用した料理です。

代表的な卵料理は目玉焼き、ゆで卵、厚焼き卵、薄焼き卵、スクランブルエッグなどです。

その他にはハムエッグ、半熟卵、玉子豆腐、温泉卵、オムレツ、カルボナーラなどがあります。

 

目玉焼きの作り方について

美味しい作り方は、黄身が崩れたり白身が焦げないようにする事がポイントです。

①卵は2個(2人分です)、サラダ油は小さじ1、塩こしょうは少々です。

②ボウルに卵を割って入れます(卵の黄身が崩れないようにする為です)。

③フライパンにサラダ油を熱した後、弱火で卵を入れます。

④弾力性がついて完成です。

⑤白膜を張らせたい場合は、最初から蓋をして焼きます。

水分の蒸気によって、自然に黄身の表面に白膜が張ります。

ゆで卵の作り方について

美味しい作り方は、水から茹でる事がポイントです。

①卵は2個(2人分です)、塩こしょうは少々です。

②最初に水から茹でます。

冷蔵庫から取り出した卵を湯を入れるとひび割れやすいです。

③鍋に卵を入れて後、かぶるくらいの水を注いで中火で煮立てます。

④湯の中で割れても自身が固まりやすくように塩や酢を少々入れて強火をかけます。

⑤沸騰後約3分間程度は、黄身がトロトロ状態になります。

⑥約4分間程度経過すると半熟になちます。

⑦約10分程度経過すると黄身が固まります。

⑧湯を捨てて殻を剥いて完成です。



厚焼き卵の作り方について

美味しい作り方は、焼いた卵の下に卵液を流して入れる事がポイントです。

①卵は4個(2人分です)、サラダ油は適量、だし汁は大さじ4、

砂糖は大さじ2、塩は小さじ1/4、しょうゆは少々です。

②ボウルに卵を割ってほぐします。

③別のボウルで砂糖、塩、醤油、だし汁を入れます。

砂糖から入れて、その他を入れます。

④フッ素樹脂加工入り卵焼き器に油をひいて、中火で卵液を約4回に分けて巻きながら焼きます。

⑤しっかりくっついて綺麗な仕上がりになると完成です。

薄焼き卵の作り方について

美味しい作り方は、水溶き片栗粉少々を混ぜる事がポイントです。

①卵は2個(2人分です)、サラダ油と塩は少々、水溶き片栗粉は1つ(片栗粉小さじ1、水小さじ2です)です。

②ボウルに卵を割ってほぐします。

③水溶き片栗粉を入れて、塩も加えて混ぜます。

④フライパンにサラダ油を中火で熱した後、卵液の1/3量を入れて広げます。

油が多すぎると卵がきれいに広がらずに油臭さも残ってしまいます。

⑤卵の表面が乾いたら裏返して焼きます。

⑥その後取りだして、残りの卵液は油をひかずに焼きます。

⑦ザルに乗せて冷やすと完成です。

スクランブルエッグの作り方について

美味しい作り方は、半熟で火から下ろす事がポイントです。

①卵は2個(2人分です)、牛乳は大さじ1、バターは大さじ1、塩こしょうは少々です。

②ボウルに卵を割ってほぐします。

③牛乳、バター、塩コショウを入れて混ぜます。

④フライパンにバターを入れて強火で溶かします。

⑤卵を入れた後は、中火にしてボウルに入っている具材を入れます。

⑤混ぜながら半熟状に火を通します。

フライパンと卵の余熱で火が通るので、半熟状になってくるタイミングで取り出します。

⑥取りだして完成です。

 
 
    

Thank you