マフィンについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

癖になる甘いカップケーキは、オリジナルなトッピングをしています。

そして記念日やバレンタインデーなどに最適な可愛いデザートは、

焼き立てふわふわ感がある絶品のスイーツが多いです。

おしゃれなお菓子であるマフィンは、簡単に作れるケーキです。

ちなみに、手軽に作れる洋菓子として女子学生や主婦に人気があります。

マフィンについて

マフィンは、焼き菓子や小型パンです。

別名は、カップケーキ、イングリッシュ・マフィンです。

基本的にアメリカ菓子として有名な小さなケーキです。

大きな特徴は、色々な容器で作る事ができます。

具体例はマフィン型、アルミケース、紙カップなどです。

そして中身の具材は、フルーツやチョコチップなどが人気です。

特にブルーベリーやラズベリーは、ヨーグルト(酸味効果があります)との相性抜群です。



マフィンの作り方について

美味しい作り方は、生地の型離れする事がポイントです。

焼き色を薄くしたい場合や型離れがしにくい場合は、型紙を敷きます。

素朴な焼き色や型紙が敷きにくい場合は、バターなどの油脂を塗ります。

ちなみに強力粉を利用すると型離れしやすくなります(余分な粉を落とす効果があります)。

①卵は2個、砂糖は140g(グラムです)、バターは120g、薄力粉は200g、缶詰ブルーベリーは160g、

ヨーグルトは80g、キルシュは大さじ2、ベーキングパウダーは小さじ1/2です。

②ブルーベリーは汁を切って、ボールに移してキルシュを振って置きます。

③バターは、常温で柔らかくして大きいボールに移します。

④小さなボールに薄力粉とベーキングパウダーを2回振って、砂糖は1回振って置きます。

⑤卵は、室温で卵黄と卵白に分けて置きます。

⑥大きなボールに泡立器を使用してクリーム風にします。

⑦その後、砂糖を3回程度に分けてを入れます。

そして、白色ぽくなるまで混ぜる事がポイントです。

⑧卵黄と卵白を入れて、生地をなまらかにしながら混ぜていきます。

⑨その後、ヨーグルトを入れて混ぜます。

⑩ゴムべらを使用して、小さなボールに入っている具材を入れます。

⑪粉気がなくなってきた段階でブルーベリーを入れます。

⑫混ぜ終わった後、生地を専用ケースの8分目まで入れます。

⑭約180℃(度です)のオーブンで約30分焼きます。

⑮焼き色が良い状態になった時点で取り出して完成です(8個分です)。

 
 
    

Thank you