食品廃棄物について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

食べ物のたべのこしや売り残しなどの本来食べられるはずの食品が、たくさん廃棄されています。

もったいない症候群が強い日本や世界は、食品の廃棄や損失を縮小する事を願っています。

食料品の生産・加工・販売の各段階で発生する食品廃棄物は、

贅沢品よりも安価が多いので消費期限や賞味期限等の制約幅が大きいです。

1人1人の気遣いで衛生面を向上していける社会構造を目指していきたいです。

食品廃棄物について

食品廃棄物は、廃棄される食品です。

食材と料理が楽しめる一方で、膨大な量の食べ物を廃棄しています。

2001年、食品リサイクル法が施行されました。

主に産業廃棄物や事業廃棄物として排出されています。

新たなリサイクル手法の1つとして高品質な飼料システムが出現しました。

そして日本で発生する食品廃棄物は年間約2000万tです(トンです)。

主な内訳は、家庭から排出される生ゴミが50%(パーセントです)、事業廃棄物が30%、産業廃棄物が20%です。

基本的に日本は、食糧の約60%を輸入に頼っています。

世界は、深刻な食糧不足によって苦しんでいる人々が多いです。

さらに日本の食品廃棄物の量は、国際連合の世界食糧計画が年間に戦争や災害による

難民や被災区に対して援助している食料の1/3を占めています。

 

家庭の生ゴミなどの一般廃棄物を分別して、再資源化している自治体は少ないです。

従来は、ほとんど燃焼却処を行っていましたがダイオキシン等の発生の問題が起きました。

自治体が一般家庭向けにコンポスト(堆肥化容器です)を導入に補助金をするなどの促進化を進めています。

そして農業で利用できる堆肥にする為には、プラスチック類の除去や塩分濃度の調整が必要です。

しかし、堆肥は農地への投入時期が春と秋に集中する事や廃棄物由来のモノは安定性が欠けている事があります。

ちなみに夏と冬は、堆肥化した状態で保管しなければならないです。

さらに畜産農家の減少、排出場所から農家まで輸送コスト、臭気の課題などもあります。

現在は、食品廃棄物を直接飼料として利用する事はなくなっていきました。



食品廃棄物のリサイクル方法について

飼料化システムは、提携したスーパーマーケットやレストランなどから回収して、

飼料に加工後に提携養豚農家に販売します。

そして、飼料によって生産されています。

再資源化された飼料によって生産された豚肉は、提携したホテルやレストランに運ばれます。

さらに、回収した食品廃棄物は塩分濃度などを確認して洗浄をします。

手選別によって金属などの異物を除去して破砕します。

その後、食品加工企業から回収した不純物の少ない生産ロス品や乳製品などを加えて成分調整をします。

約100℃(度です)で発酵して、臭気を抑制する事ができます。

完成した発酵飼料は、提携先の養豚防火に輸送されて豚に与えられます。

 

食品廃棄物のリサイクルの手順についてです。

回収・分別→洗浄・異物除去→破砕・殺菌・発酵→完成・供給です。

回収・分別…排出する事業者で食品以外を分別して、

所定の容器を収集したフードエコロジーシステム(食品廃棄物です)を投入します。

その後、改修作業を行って保冷車で輸送します。

洗浄・異物除去…再資源化工場に搬入された食品循環資源(食品廃棄物です)は、

成分の分析や計量を行います。

再生資源となる飼料などの調整をします。

そして機械による洗浄工場を経て、手作業で金属などの分別をします。

破砕・殺菌・発酵…2度に渡る破砕の工程を経て、約100℃(度です)で殺菌されます。

そしてタンクに投入されます。

約60℃以下に温度が下がったところで発酵菌を投入します。

ちなみに、約2日間を経て発酵します。

完成・供給…発酵を経て完成した飼料は、タンクローリーに積み込まれます。

そして養豚農家に運ばれていきます。

 
 
    

Thank you