とんかつについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

揚げ物が前を通った瞬間にジューシーなお肉の匂いがプンプン漂ってきました。

そしてサクサックな食感を楽しめる豚カツは、豪華な揚げ料理です。

さらにとんかつソース、オリーブオイル、タルタルソースなどの食べ方によって風味が変わります。

ちなみに痩せたい人やダイエットに関心がある人は、衣の厚さを意識して調理をしましょう。

食用油を吸収する油吸率が変わるので、高カロリー対策に繋がります。

とんかつについて

トンカツは、厚み感がある豚肉を小麦粉、溶き卵、パン粉を使用して食用油で揚げた料理です。

別名は豚カツ、とんカツなどです。

そして、フランス料理であるコートレットを模倣した料理です(明治時代に日本に伝来しました)。

ちなみにコートレートは、カツレツとして呼ばれる事があります。

洋食として認知されていますが、和食風の定食メニューとして採用されています。

基本的にとんかつソース、辛子、ゴマなどを添えて食べる習慣が多いです。

地域や専門店によっては、とんかつソースではなくデミグラスソースを使用している場合があります。

ちなみにデミグラスソースは、西洋風ソースです(フランス料理で採用されているソースです)。

和食スタイルと洋食スタイルが地域社会によって様々です。

さらに外食店はカツカレー、カツ丼、カツサンド、豚カツ弁当などに使用されています。

子ども達を中心に人気が高い料理として人気を誇っています。

特にカツカレーは、人気メニューの代表格です。

 

旨いトンカツを作る為のポイントについてです。

トンカツ向けの肉は、程よく脂がのっているロース肉です。

基本的に少し厚めの約1.5㎝(センチメートルです)が最適です。

旨味成分が抜けないように調理する前に塩コショウを振ります。

ちなみに小麦粉を使用する場合は、強力粉よりも薄力粉を使用する事をオススメします。

主な理由は、表面の水分を吸うので衣が剥がれにくくなります。

そして卵は、水を少々加えながら溶き卵を作っていきます。

主な理由は、旨味成分を保ちながらジューシーに仕上がるからです。

とんかつの作り方について

美味しい作り方は、揚げ上がりのタイミングがポイントです。

最初は約3分程度揚げて、裏返しにします。

その後、ピチピチという音が鳴り始めたら揚げ上がりサインです。

余分な油を切りながら肉を立てます。

①生パン粉は50g(グラムです)、豚肉ロース肉は2枚(250gです)、卵は1個、小麦粉は大さじ3、塩こしょうは少々、

パセリは少々、揚げ油は適量、キャベツの千切りは適量、ソースは適宜です。

②豚肉ロース肉は筋を切って形を整えながら塩コショウを振ります。

③豚肉ロース肉に小麦粉、卵、生パン粉を入れてフライ用の衣を作ります。

④フライパンに揚げ油を入れて170℃(度です)程度に低めで熱して、フライ用の衣を入れます。

⑤皿にキャベツの千切り、パセリ等を添えて盛り付けをします。

⑥揚げあがったら皿に移して、油を切ります。

⑦お好みのソースを掛けて完成です(2人分です)。

 
 
    

Thank you