スパゲティについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

イタリアンな風味と細長い麺が特徴的なスパゲティは、イタリア料理の定番メニューです。

そして、スープの具材によって味を楽しめる事ができます。

サラダや魚介類などの旨味が染みこんでいるトッピングと香ばしさの化学反応が起きます。

食べ応えがあるパスタは、ロイヤルホテルやファミリーレストランなどのランチで増えています。

さらに、健康食品としてダイエットや減量効果に期待できます。

ちなみに、カナダにあるセント・マイケルズ病院の研究チームが発表した研究調査が公表されています。

スパゲティについて

スパゲティは、イタリア料理の1種です。

そして、細長い麺類としてイタリアでよく食べられています。

別名はパスタ、スパゲティー、ロングパスタ、スパゲッティーなどです。

大きな特徴は、デュラム小麦のセモリナを使用している事です。

デュラム小麦は、商業用の小麦です。

セモリナは、デュラム小麦を精製したミドリング粉です。

さらに、スパゲティを使用した主な料理はミートソース、たらこスパゲティ、ナポリタン、

カルボナーラ、ペペロンチーノ、ペスカトーレ、ヴァンゴレ、あんかけスパゲティなどです。

ちなみにパスタは、茹で方によって出来栄えが変わります。

基本的なやり方は、多めの湯に塩を入れて茹でます。

湯の量が少ないとくっついてしまうからです。

 

スパゲティの呼び方についてです。

スパゲットーニ(ヴェルミチェッリ)…約2.0㎜(ミリメートルです)程度の太いパスタです。

スパゲッティーニ…約1.6㎜程度の少し太いパスタです。

フェデリーニ…約1.4㎜程度の少し細いパスタです。

カペッーニ…約1.2㎜程度の細いパスタです。



スパゲティの作り方について

美味しい作り方は、すぐに混ぜる事がポイントです。

くっつきにくくなって、上手く茹でる事ができます。

ちなみに、広げながら入れるとさらにくっつきにくくなります。

①スパゲティは800g(グラムです)、にんにくは1片、オリーブ油は大さじ3、塩は適量です。

②鍋に2ℓ(リットルです)の水を入れて、湯を沸かします。

③塩は小さじ2を入れます(水量の1%が望ましい水準です)。

そして塩を加える事によって、コシが出てきます。

④スパゲティを入れて、芯が少し残るくらいになるまで茹でます(アルデンテです)。

そしてアルデンテは、パスタを茹でる際に歯ごたえが残るという意味がある茹であがりの目安表現です。

⑤赤唐辛子を水に漬けてもどして、種を除きます。

⑥そして、輪切りにしておきます。

⑦にんにくは薄切りに切って、オリーブ油と一緒にフライパンに入れます。

油を熱してからにんにくを入れると焦げやすくなります。

⑧塩は少々と赤唐辛子を入れて、フライパンを弱火にして炒めます。

⑨スパゲティの茹で汁を大さじ3を入れて、かき混ぜます。

⑩火から下ろして、茹でたスパゲティをフライパンに入れます。

⑪綺麗に混ぜ合わせると完成です(2人分です)。

 
 
    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

ソーシャルメディア