ピザについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

イタリアの人気メニューと言えば薄焼きでお馴染みのピザです。

サクサクッと軽い仕上がったピザは、生地に薄力粉のパワーが宿っています。

そして、トマト、チーズ、バジルを合わせたマルガリータは美味しい組み合わせです。

さらに、宅配ピザとして家庭に届けてくれるサービスも充実してきています。

こざわりのトマトソースと美味しいモッツァレラチーズをブレンドした上質な味わいが楽しめます。

ピザについて

ピザは、発酵させた生地に具材を乗せたイタリア料理です。

別名はピッツァ、ピッツェッタなどです。

大きな特徴は、オーブンや専用竃で焼いた小麦料理です。

地域によって様々な具材を乗せて食べる事が多いです。

主な具材は肉類、魚介類、トマトソース、ホワイトソース、チーズ、コーン、マヨネーズなどです。

そして、家庭料理や冷凍食品などに多く採用されていて手軽に購入する事ができます。

レストラン、イタリア料理店などの飲食店で定番メニューとして取り扱われています。

主に生地はピザクラフトを利用していて、野菜・肉・チーズなどをトッピングします。

 

主なピザの種類についてです。

ナポリピッツァ…伝統的なピザです。

ミラノ・ピッツァ…薄く大きいピザです。

ラウンド・ピッツァ…円形型のピザです。

ピッツァ・アル・タッリョ…長方形型のピザです。

カルツォーネ…円形型の2つ折りの半月風にしたピザです。

マルゲリータ…トマトソースをベースとしたピザです。

ピッツァ・ナポレターナ…トマトソース、オリーブ・オイル、オノガレを使用したピザです。

オルトラーナ…野菜が豊富なピザです。

ロマーナ…ローマで発祥地したピザです。

ペスカトーレ…魚介類が豊富なピザです。

ビスマルク…目玉焼きをベースとしたピザです。

毎週日曜日はピザ3枚 2400円~ | Big Sunday

ピザの作り方について

美味しい作り方は、オーブンの下準備をする事がポイントです。

発酵用のボウルにオリーブ・オイルを少々塗って置きます。

天板にオーブン向けの用紙を敷いて準備完了です。

①強力粉は200g(グラムです)、薄力粉は100g、チーズは60g、トマトは1個、

バジルの葉は4枚、薄切りにんにくは1かけ、水はカップ3/4、オリーブ・オイルは1/4、

ドライイーストは小さじ1/2、塩は小さじ1、粗びき黒コショウは少々です。

②ボウルAに強力粉、薄力粉、塩を入れて手で混ぜます。

③耐熱性の軽量カップに水を入れて電子レンジに40秒掛けます。

④電子レンジから取り出してドライイースト、オリーブ・オイルを入れてよく混ぜます。

④ボウルAの中でこねて、手やボウルにつかなくなったら打ち粉をしたこね台の上で7分程度、

表面がなめらかになるまでこねていきます。

⑤その後、ボウルBに入れてラップをして室温で30分程度置いておきます(発酵の準備期間です)。

⑥発酵した生地を台に取り出して、4等分にして丸めます。

⑦オーブンを220℃(度です)に温めて置きます。

⑧乾いたふきんを掛けて10分程度ほど置いておきます。

⑨置いた後、直径約22cm(センチメートルです)程度の円形をイメージしてのばしていきます。

⑩準備していた天板にピザを乗せて、オリーブ・オイルを塗ります。

⑪全体にチーズ、トマト、にんにくを乗せてます。

⑫こしょう、バジルの葉をトッピングして220℃で温めたオーブンの上段で10分程度焼きます。

⑬焼き上がったら上がって完成です(4枚分です)。

 
 
    

Thank you