クレープについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

柔らかい生地と甘いフルーツが交じり合ったお菓子は、子どものおやつにぴったりです。

簡単に作れるパンケーキとしてクレープがあります。

ふわふわした生クリーム、癖になるフルーツ、自由自在にトッピングができます。

そしてホットケーキミックスを利用したり、お気に入りの具材を使った美味しいスイーツとして人気です。

さらに、トッピング制限をする事によってダイエット効果があります。

クレープについて

クレープは、パンケーキの1種です。

そして、フランス北西部にあるブルターニュ発祥の洋菓子です。

そば粉を使用した薄いパンケーキであるガレットを模倣した料理です。

大きな特徴は、巻いたり折ったりして食べます。

代表的なトッピング食品はフルーツ、生クリーム、チョコレート・ソース、アイスクリームなどです。

 

主なクレープの種類についてです。

クレープ・シュクレ…お菓子向けのクレープです(果物を多く採用したタイプです)。

クレープ・サレ…朝食向けのクレープです(野菜を多く採用したタイプです)。

ミル・クレープ…クレープとフルーツを重ねたクレープです。

クレープ・シュゼット…カラメルソース入りのクレープです。

 

主なクレープ機器についてです。

クレープ焼き器…クレープを焼く為の業務用機械です。

クレープパン…クレープを焼く為の鍋です。



クレープの作り方について

美味しい作り方は、下準備をする事がポイントです。

バターは、電子レンジで20秒程度加熱して溶かして置きます。

ちなみに電子レンジは、600W(ワットです)です。

①卵は2個、バナナは1個、薄力粉は50g(グラムです)、強力粉は50g、無塩バターは10g、ピスタチオは10粒、

牛乳は200mℓ(ミリリットルです)、生クリーム100mℓ、塩は少々、チョコレートシロップは適量です。

②大きなボウルに薄力粉、強力粉、塩をふるい入れます。

③溶いた卵を中央部分に入れて、泡立器を使用して混ぜ合わせます。

④その後、牛乳を大さじ1強ずつ加えて混ぜます。

⑤牛乳を少しずつ加えた後、残りは2回に分けて加えて混ぜます。

⑥溶かした無塩バターを入れて混ぜます。

⑦大きなボウルにラップをして、冷蔵庫で半日以上置きます(生地が完成しました)。

ちなみに焼き始める場合は、30分前に取り出して室温で置いて置きます。

⑧フッ素加工入りフライパンを強火で熱して、ぬれぶきんの上に3秒程度置きます。

フライパンを熱し過ぎると綺麗に焼けにくくなるので少し冷まします。

⑨大きなボウル内にある生地をおたまで半分ほど、中火でフライパンに流し込みます(約30mℓです)。

⑩生地の表面が乾いてきた段階で裏返しにして焼きます。

⑪その後、10秒ほど焼いたら取り出して皿に移します(表側と裏側が焼けた状態です)。

⑫クレープ上に泡立てた生クリーム、輪切りにしたバナナ、チョコレートシロップ、

ピスタチオ等をトッピングして完成です(8枚分です)。

 
 
    

Thank you