第159回芥川龍之介賞・直木三十五賞について【2018年】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

2018年07月18日、『第159回芥川龍之介賞・直木三十五賞』選考会が、

東京都内にある新喜楽で開催されました。

そして芥川賞は、として活動している高橋弘希さんが選出されました。

受賞作品は、『送り火』です。

さらに直木賞は、女優として活動している島本理生さんが選出されました。

受賞作品は、『ファーストラヴ』です。

第159回芥川龍之介賞・直木三十五賞について【2018年】について

芥川龍之介賞は、新人作家の芸術性が高い小説作品(純文学です)に授与される文学賞です。

直木三十五賞は、新人作家や無名作家の大衆小説作品に授与される文学賞です。

主催者は、公益財団法人日本文学振興会です。

主な活動目的は、文芸の向上と文化の発展に寄付する事です。

そして芥川賞の審査員は、高樹のぶ子さん、山田詠美さん、小川洋子さん、島田雅彦さん、

吉田修一さん、川上弘美さん、宮本輝さん、奥泉光さんです。

さらに直木賞の審査員は、宮城谷昌光さん、宮部みゆきさん、東野圭吾さん、浅田次郎さん、

林真理子さん、北方謙三さん、伊集院静さん、桐野夏生さん、高村薫さんです。

 

高橋弘希さんは、『期待は特にしていなかったです、普通に待っていました、

ガッツポーズとかそういう感じではなかったですね、一応評価されるって事なので、

受賞できれば嬉しいですけど、でも、賞欲しくて書いてる人っていないと思う、

嘘っぽくならないように書いているので、それが認められたのかも、

ガッツポーズするほどではないが嬉しい、単行本を買って下さい』というコメントを寄せました。

島本理生さんは、『正直ほっとしました、これまで芥川賞候補4回、直木賞候補2回、

折に触れて待った18年間だった、活動を続けていけるのは夫のおかげ、

食事を作ったり息子の面倒を見てくれたり、支えてくれる、

子どもが生まれて視野が広くなりました、自分1人の為に書いていたが、

今は家族を支えるという事も意識するようになった、

私は受賞のお電話を頂いた時ガッツポーズをしました』というコメントを寄せました。



名誉がある各賞が発表されましたね。

私にとって文学は、文明学問です。

時代ごとに感じた事や思った事がまとめられていると思いました。

文章表現をする事は、人と人を繋げる事です(価値観を共有する事によって認識が変わります)。

多くの人と繋げった書物作品が後世に受け継がれていくのです。

第159回芥川龍之介賞【候補作品】について

候補者 候補作品
高橋弘希さん 送り火
町屋良平さん しき
北条裕子さん 美しい顔
松尾スズキさん もう「はい」としか言えない
小谷田奈月さん 風下の朱

第159回直木三十五賞【候補作品】について

候補者 候補作品
島本理生さん ファーストラヴ
湊かなえさん 未来
窪美澄さん じっと手を見る
本城雅人さん 傍流の記者
木下昌輝さん 宇喜多の楽土
上田早夕里さん 破滅の王

高橋弘希さんについて

【参考画像】

※高橋弘希さんの作品です。

項目 主な内容
氏名 高橋弘希
生年月日 1979年12月08日
年齢 38歳です。
職種 小説家、ミュージシャンなどです。
出身地 青森県
所属先 非公開です

島本理生さんについて

【参考画像】

※島本理生さんの作品です。

項目 主な内容
氏名 島本理生
生年月日 1983年05月18日
年齢 27歳です。
職種 小説家です。
出身地 東京都
所属先 非公開です。
 
 
    

Thank you