シュークリームについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

こだわりの風味と作り立ての美味しいお菓子の代表であるシュークリームは、

厳選された食材を上手く組み合わせた生地に甘い香りがするカスタードクリーム、

卵と空気が包み込んだなめらかなホイップクリームが特徴的です。

そして、サクサク感がある焼き立てのシューは新鮮な食感が味わえます。

手作りから始められるお手軽なお菓子にチャレンジしてみましょう。

シュークリームについて

シュークリームは、洋菓子です。

別名は、シュー・ア・ラ・クレームです。

キャベツ風のふっくら膨らんでいるお菓子です。

大きな特徴は、生地の中が空洞になっていて、クリームが入っています。

ちなみに、和製外来語です(シュはフランス語、クリームは英語です)。

 

シュークリームの種類についてです。

プロフィトロール…1口サイズのシュークリームです。

プロフィトロール・オ・ショコラ…チョコレートソース入りのシュークリームです。



の作り方について

美味しい作り方は、下ごしらえがポイントです。

シュークリームの生地に使用する卵は室温、オーブンは約200℃(度です)に温めておきます。

そしてバターは、約1cm(センチメートルです)角に切っておきます。

牛乳でバターを溶かす時は、牛乳が蒸発しすぎないようにバターを小さくする必要があるからです。

①卵は2個、薄力粉は40g(グラムです)、シュークリームの生地、カスタードクリーム、ホイップクリームです。

シュークリームの生地の作り方は水が50CC(平方です)、牛乳が50CC,バターが70gです。

②鍋にシュークリームの生地を入れて強火で掛けます。

③沸騰後、鍋をいったん火から下ろして、薄力粉を入れて木べらで混ぜます。

④混ぜた後、すぐに強火でかけます。

焦げ付かないように木べらで混ぜながら粉全体に火を通します(約1分程度加熱します)。

⑤ボールに移して、とき卵を少しずつ入れながら泡立器で滑らかに混ぜていきます。

生地が熱いうちに卵を入れていきます。

そして良い生地の見分け方は、すくった生地がゆっくりと尾を引いて落ちてくる逆三角形状態がベストです。

ちなみに足りない場合は、卵白を少々入れていきます。

⑥しぼり袋に丸口金を付けてシュークリームの生地を入れます。

⑦オーブン皿に約4cm程度の丸く絞り出します(丸みのある山形がベストです)。

オーブンシートは、オーブン皿はに敷いておきます。

生地が余った場合は、しぼり袋をボールに入れて冷めない程度に湯せんにかけておきます。

その後、オーブン皿を冷ましてから生地を絞ります。

⑧約200℃のオーブンで約15分程度焼きます。

⑨茶色くなるまで焼きあがった後、約170℃に温度を下げて約15分程度の乾燥焼きにします。

⑩乾燥焼き後に網を取って、そのまま冷まして置いておきます。

完全に冷ました状態で密閉容器に入れます(湿り気がもどらないようにする為です)。

ちなみに保存期限は、冷凍庫で約2週間程度まで保存が可能です。

⑪シュークリームの本体を高さ1/3程度で切り離して、

完成したカスタードクリームとホイップクリームを絞り入れて完成です(16個分です)。

カスタードクリームの作り方について

①カスタードクリームの作り方は卵黄が4個、牛乳が400CC、砂糖が80g、薄力粉が40g、

バターが大さじ1、バニラエッセンスが3滴です。

②鍋に牛乳を入れて沸騰寸前まで温めます。

③ボールに卵黄と砂糖を入れて、ホイッパーで白っぽくなりまですり混ぜます。

④その後、薄力粉を入れて熱い牛乳を少しずつ入れながら混ぜます。

⑤鍋に戻して強火で掛けます、木べらで混ぜながら加熱していきます。

⑥全体的に煮立ってきた所で火を下ろします。

⑦ボールに移して、バニラエッセンスとバターを入れて混ぜて完成です。

バニラビーンズを使用する場合は、約1/2本を利用します。

ホイップクリームの作り方について

ホイップクリームの作り方は生クリームが100CC、ホワイトキュラソーが大さじ1/2、砂糖が大さじ1です。

①シュークリームの生地とカスタードクリームが冷めた後に作ります。

②ボールにホイップクリームの具材を入れて、泡立器で泡立てます。

③完成したカスタードクリームを入れて、混ぜます。

③しぼり袋に詰め込んで完成です。

各種で使用したい場合は、両方を混ぜずに別々でしぼり袋に詰め込む事が可能です。

 
 
    

Thank you