ビールの基礎知識【初心者講座~上級者講座】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

自然の恵みを身体に味わうビールは、アルコール入りの飲み物です。

そしてビールのほとんどは、水で占めています。

ちなみに水は、ビールの美味しさの基本です。

重要な水は、綺麗な水環境を守る活動や排水を自然にかえすなどの

地球環境保護の働き方が大きく動いています。

豊かな水源地を増やしていく為には、森を守りながら自然の偉大さを学び続ける事です。

ビールの基礎知識について

ビールは、アルコール飲料品です。

別名は、麦酒です。

基本的に麦を発芽させて麦汁にホップを入れて、発酵をします。

そして貯蔵して十分に熟成させて後、濾過して充填や検査をして出荷されます。

市販向けのビールは、完成までに約2ヶ月程度かかります。

 

●ホップ…アサ科の多年生つる草です。

雑菌の繁殖を防ぐ殺菌作用があります。

大きな特徴は、ビールの独特な香りや苦味を与えます。

寒冷な山間地などで栽培されている事が多いです。



●1番搾り…自然に流れ出る麦汁です。

 

●2番搾り…1番搾り後の麦汁に湯をかけてエキス分を洗い出した麦汁です。

ビールの工場見学について

①製麦

水分をたっぷりと含ませた麦(二条大麦です)を発芽させて、

温風によって乾燥させて成長を止めます。

麦は発芽する事で、デンプンをとうに分解する働きを持つ酸素などが内部に生成されます。

焙煎する度合いによって、色の異なる麦芽ができます。

濃色の発芽は、黒ビールの原料になっていきます。

ちなみに二条大麦は、太陽の光を多く浴びる事で、多くのデンプンやタンパク質が生成されます。

特に北米地域、欧州地域、オーストラリアなどに輸出されています。

 

②仕込み

湯を張った糖化槽に細かく砕いた麦芽や米を入れて、

温度調整をしながら煮込んで粥状のもろみを作ります(デンプンが糖分に分解されます)。

もろみをろ過機に通して麦汁を作って、

ホップを入れて煮沸します(ビール独自の香りや苦味を付加していきます)。

ちなみにホップは、ビールの種類によって使い分けます。

 

③発酵と濾過

麦汁に酵母を入れて発酵させます。

糖分がアルコールと炭酸ガスに分解して約1週間で若ビールになります。

熟成タンクに移し替えて約10日間と0℃(度です)前後で貯蔵して熟成していきます。

そして分解された炭酸ガスがビールに溶け込んで、調和のとれた風味と香りが生まれます。

さらに濾過機を通じて、酵母やタンパク質を取り除くとビールが完成します。

ちなみにろ過は、珪藻土を利用します(酵母を吸着する働きがあるからです)。

 

④充填と包装

ビールを詰める前に缶本の底に印字機で製造時期などを印刷します。

ちなみに、産業向けインクジェットプリンタを利用します。

その後、洗浄機で缶を洗ってビールが充填されていきます。

空気が入らないように缶詰機を通じて、高速で蓋を閉めていきます。

検査機で全数入味量(内容量です)の検査を行って、

合格したビールは完全自動包装で輸出向けのダンボール箱に詰めていきます。

最終的に重量検査などのチェック項目を経て、無人フォークリフトで倉庫に運んで出荷されます。

いつでも新鮮なビールを提供できるように在庫管理を徹底化します。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター