アミノ酸について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

人間の体は、約10万種のたんぱく質からできています。

そして、全ての20種類のアミノ酸が組み合わさってできています。

しかし、9種類の必須アミノ酸は体の中で合成できないので、

食事から摂取する必要があります(それ以外のアミノ酸は、非必須アミノ酸です)。

ちなみに具体例は、コレステロールや血圧をコントロールするタウリン、

関節の痛みを和らげてくれやすいグルコサミンなどがあります。

アミノ酸について

アミノ酸は、たんぱく質を生成する栄養成分です。

大きな特徴は、人の体のたんぱく質を構成するのに必要なアミノ酸は20種類です。

必須アミノ酸は、体内で合成できるアミノ酸です。

非必須アミノ酸は、体内で合成できるアミノ酸です。

 

サプリメント関連のモノを過剰に摂取すると、

免疫力の低下や肝機能の低下などに繋がる可能性があります。

様々な食材をバランス良く摂取していく事で、特定のアミノ酸が不足したり、

過剰に取り過ぎたりする心配性が低くなりやすいです。



主なアミノ酸の種類について

区分 品名 主な特徴 多く含んでいる食品
必須アミノ酸 イソロイシン 筋肉強化、神経機能、成長促進などです。 鶏肉、サケ、牛乳、チーズなどです。
必須アミノ酸 スレオニン 成長促進、脂肪肝の予防などです。 卵、ゼラチン、サツマイモ、七面鳥、スキムミルクなどです。
必須アミノ酸 リジン 代謝促進、成長促進、たんぱく質の吸収促進、体組織の修復などです。 肉類、魚介類、大豆製品、小麦胚芽などです。
必須アミノ酸 フェニルアラニン 鎮静作用、抗うつ作用、神経伝達などです。 肉類、魚介類、卵、大豆製品、小麦胚芽などです。
必須アミノ酸 トリプトファン うつ病状改善、鎮静効果、睡眠効果、精神安定などです。 牛乳、大豆製品、バナナ、チーズなどです。
必須アミノ酸 ロイシン 筋肉強化、肝機能の向上などです。 牛肉、ハム、牛乳、チーズ、レバーなどです。
必須アミノ酸 メチオチン うつ病状改善、かゆみ及び痛みの軽減などです。 牛肉、牛乳、カツオなどです。
必須アミノ酸 ヒスチジン 関節炎の症状緩和、成長促進、神経機能補助などです。 鶏肉、ハム、チェダーチーズ、子牛肉などです。
必須アミノ酸 バリン 筋肉強化、成長促進などです(成人の場合は、非必須アミノ酸です)。 子牛肉、チーズ、レバーなどです。
非必須アミノ酸 グルタミン酸 筋肉強化、胃腸保護、免疫力の強化などです。 海藻類、大豆、胡麻などです。
非必須アミノ酸 アスパラギン酸 スタミナ回復、新陳代謝促進、疲労回復などです。 アスパラガス、豆類、牛肉、鶏肉、もやしなどです。
非必須アミノ酸 システイン メラニン色素の産生抑制などです。 牛肉、牛乳、サケ、オートミールなどです。
非必須アミノ酸 アラニン アルコール代謝向けの酸素補助、肝臓のエネルギー源などです。 魚介類、アボカド、チーズ、牛肉、鶏肉などです。
非必須アミノ酸 チロシン ストレス軽減、神経伝達物質などです。 乳製品、バナナ、アーモンド、たけのこ、タラコなどです。
非必須アミノ酸 アルギニン 免疫力の強化、筋肉強化などです。 子牛肉、鶏肉、エビ、大豆、玄米などです。
非必須アミノ酸 グリシン 解毒作用、血液中のコレステロール値軽減などです。 魚介類、ゼラチンなどです。
非必須アミノ酸 セリン 認知症予防、肌向けの天然保湿因子などです。 大豆製品などです。
 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター