許認可について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

事業を開業する際に、許認可を得なくてはならない業種があります。

時間や費用がかかるモノが多く、参入障壁が高い分野です。

そして、独立して商売を始める時に準備段階で必要です。

許可の申請や届出の提出が必要な業界は、意外とたくさんあります。

さらに手間は、利益の源泉です。

許認可について

許認可は、時烏啼の事業を行う際に行政機関から取得しなければならない許可です。

 

①飲食業

保健所から営業の許可を得る必要があります。

酒屋の場合は、酒類販売の免許を税務署から得ます。

 

②理容院・美容院

開設届けを保健所に提出します。

 

③インターネット通販

古着やリサイクル品などを販売する場合は、警察署に古物商の許可申請をします。

古物商は、古物営業法による古物を生業として売買や交換する業者です。

つまり、自分で使用していたモノを販売したり、

無償や引取り料を貰って古物を引き取って販売する際は必要がないです。

古物を有償で買入れ(営利目的です)すると、古物商免許が必要です。



許認可制について

許認可制は、官公庁や同業者団体が発行しています。

そして、手続きをして実際に許認可を受けるまでは、相当の期間を要します。

さらに、申請時に申請費用がかかる場合もあります。

 

申請書類の作成や提出手続きの代行を専門に行っている

行政書士に代理申請を依頼する事ができます。

ちなみに行政書士は、許認可の手続き、会社設立、申請書類の提出などを作成してくれます。

公認会計士や税理士は、行政書士の資格を持っている事が多いです。

主な許認可の届出先について

業種 申請書類 申請先
飲食業 飲食店営業許可申請書 保健所
和菓子・洋菓子販売業 菓子製造等許可申請書 保健所
理容院・美容院業 理容院開設届、美容院開設届 保健所
医薬品・化粧品販売業 薬局等許可申請書 保健所
クリーニング業 開設の提出 保健所
人材派遣業 労働者派遣事業許可申請書 労働局
古書店業 古物商許可申請書 警察署
リサイクル品販売業 古物商許可申請書 警察署
酒類販売業 酒類販売業免許申請書 税務署
建設・不動産業 建設業許可申請書 都道府県
無許可保育園業 許可外保育施設開設届 市区町村
 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター