ハンバーグステーキについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

18世紀、ドイツにあるハンブルクで人気肉料理であるタルタルステーキがありました。

そして、香辛料で味付けをして食べるようになってきました。

日本では、明治時代の文明開化に肉食が流行りました。

現在は、子どもたちに大人気メニューとして肉文化の歴史を広がりました。

定番食のハンバーグステーキを美味しく調理する事は、肉質を見極める事にも繋がります。

ハンバーグについて

ハンバーグステーキは、肉料理の1つです。

そして、肉と野菜を組み合わせた料理の中で学生人気が高いです。

ファーストフード要素もあるので、ハンバーガーとして利用する事もできます。

冷凍食品の台頭によって、調理が比較的に簡単にできるようになりました。

特に1人暮らし層や主婦層に注目されてきています。

さらに、ファミリーレストランの主力メニューとして馴染みがある肉料理です。

最近は、ハンバーグ専門店が増えています。

ちなみにファーストフードは、手軽な食品です。



ハンバーグの作り方について

美味しい作り方は、合いびき肉(オススメは、牛肉と豚肉の半々な肉です)を使用する事がポイントです。

牛肉の強みはパサつく度合い、豚肉は風味度合いが上がります。

ちなみに合いびき肉は、種類の違う食肉を組み合わせてひいた肉です。

①生パン粉は40g(グラムです)、合いびき肉は400g(4人分です)、玉ねぎは1/2個、牛乳は大さじ4、

サラダ油は大さじ2、塩こしょうは少々、ナツメグは少々です。

②玉ねぎをみじん切りにして、フライパンにサラダ油大さじ1と玉ねぎを入れます。

玉ねぎが薄茶色になるまでじっくり炒めます(甘み度合いを上げる為です)。

③中火で炒めた後、取りだして冷やします。

④ボウルにパン粉、牛乳、卵、玉ねぎ、ナツメグを入れます。

⑤手で粘りが出るまで混ぜます。

⑥厚さ約1cm(センチメートルです)の小判風にまとめて作ります。

⑦フライパンにサラダ油大さじ1を入れて、強火で小判型のハンバーグを入れます。

⑧焼き色になってきた段階で、弱火にして蓋をします。

⑨蓋をして約4分程度焼いて、裏返して焼き色になるまで焼きます。

⑩中央部分に竹串を刺して、肉汁が出てくると完成です。

 
 
    

Thank you