【医療】朝食を抜くと肥満や生活習慣病になりやすくなる理由について【ハヤシマイル】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

名古屋大学大学院の研究調査データによると、朝食を食べない人ほど脂質を代謝する肝臓の働きが遅くなって、

体温も上がりにくい事が明らかになりました。

そして、活動の基礎となるえねるぎー消費量が減ります。

朝ごはんは、しっかり摂取する事によって生活習慣病や肥満を防げる可能性があります。

食生活の改善を行うきっかけとなる様々なデータを駆使して、より良い生活ができるようになっていくと思います。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
 
 

Tsubasa Hayashiとつながる

名古屋大学大学院の研究調査データによると、朝食を食べない人ほど脂質を代謝する肝臓の働きが遅くなって、

体温も上がりにくい事が明らかになりました。

そして、活動の基礎となるえねるぎー消費量が減ります。

朝ごはんは、しっかり摂取する事によって生活習慣病や肥満を防げる可能性があります。

食生活の改善を行うきっかけとなる様々なデータを駆使して、より良い生活ができるようになっていくと思います。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター