薬の基礎知識【初心者講座~上級者講座】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

病気になった時に私たちは、自然界の恵みを受け継いでいます。

健康や美容をより良くする為には、身体の自由が重要です。

そして、主に薬は怪我や病が襲ってくる前に対抗する予防効果、

襲われた後の対処する治療効果があります。

さらに長期間保存ができる錠剤と即効性がある散財は、医薬品を代表する薬のタイプです。

ちなみに薬品、介護用品、ヘルスケアは、健康管理をする上で個人差があります。

薬の基礎知識について

薬は、治療に使用される植物や化学的物質です。

基本的薬は、取扱説明書に応じて正確な情報や使用方法などが記載されています。

薬品関連のパッケージ(箱です)は、必要最低限の注意事項しか書かれていません。

体に合った適切な薬や正しく使用する方法等は、説明書に詳しく掲載されています。

そして、医者や薬剤師などの専門家に相談して取り扱う事が多いです。

具体例はアレルギー体質、副作用が現れた時、妊娠中、授乳中などです。

 

主に説明書の書かれている事項についてです。

薬効名…薬の効果です。

分類…使用方法の難易度、飲み合わせ、副作用の注意度に応じて区別されています。

効用…薬の効き目や症状です。

用法…年齢による使用回数や分量です。

成分…配合されている成分と分量です。

保管及び取り扱い上の注意…保管する時の注意点です。

お問い合わせ…相談窓口です。

薬の入手方法について

病気を治すには、受け取った薬を飲む量や時間を守って飲み続ける事が大切です。

①薬を貰う為には、医者の診察や検査を受けます。

②医者は病気に応じて薬を選び、時期やどのくらい飲めば良いかなどを書類(処方箋です)にまとめます。

③処方箋を薬局や調剤室のあるドラッグストアに持って行きます。

処方箋受付や保健薬局がある薬局やドラッグストアが目印です。

④薬剤師が処方箋に基づいて薬を調剤して、薬の内容や飲み方等を説明して提供されます。

その後、薬代金をお支払して薬を受け取ります。

処方箋の基礎知識について

処方箋は、医療機関が発行する治療に関する内容が記載された書類です。

有効期限は、処方箋が提出日を含めて4日以内です。

そして処方箋は、記載されていないといけない必要事項があります。

患者情報の収集…初めて来店した患者さんは、

アレルギーや食事の回数などの薬の服用に問題がないかを聞き取ります。

薬局の場合は、患者さんごとの薬剤服用歴を作成して薬が問題なく利用できるように

体の状態や使用する薬の履歴等を管理しています。

処方箋の確認…使用できる範囲や量などが決められています。

患者情報や薬手帳の情報から服用してはいけない薬がないかを確認して、

問題があれば処方箋を発行した医者に質疑応答・薬の変更・処方箋の提案等ができます。

薬手帳の確認…複数の病院や他の薬局で購入した薬を確認して、

飲み合わせや重複を確認します。

ジェネリック医薬品への変更希望の確認…患者さんに説明して、要望をお聞きしお渡しする薬を決定します。

ちなみにジェネリックは、医薬品後発医薬品です。

調剤…処方箋の内容に基づいて薬を調合します。

子ども向けは、粉薬やシロップを体重に合わせて調整します。

年配向けは、1回に服用する薬を1包にまとめたりして調整します(薬が多い場合です)。

投薬…薬を患者さんに渡します。

薬の効果だけではなく薬を問題なく服用する為に、

患者さん個々の体やライフスタイルに合わせたアドバイスをします。

薬の使用時間について

基本的に薬を服用する場合は、説明書を確認して薬を飲むタイミングを確認します。

起床時…朝起きてすぐに服用します。

胃の中に少しでも食べ物があると効き目が低い薬があるので、

胃の中に食物がない可能性が1番高いからです。

具体例は、骨粗鬆症の医薬品です。

食前…食事前の30分前以内に服用します。

具体例は血糖値を下げる薬、胃腸の働きを良くする胃薬、吐き気を抑える薬です。

食直前…食事前の5分前以内に服用します。

食事をしたモノが腸で吸収されるタイミングです。

具体例は血糖値を下げる薬です。

食直後…食後の5分以内に服用します。

具体例は胃に刺激を与える薬、食べ物と一緒の方が吸収が良い薬です。

食後…食事後の30分前以内に服用します。

胃内に食べ物がある事によって消化器官への影響を抑える事ができるタイミングです。

具体例は、多くの医薬品が服用できるタイミングです。

食間…前の食事から3時間後に服用します。

食べ物の影響を受けやすい薬は、空腹時に服用します。

具体例は、漢方薬です。

就寝前…就寝30分前~寝る直前に服用します。

主に便秘の薬は、寝ている間に腸を通って朝起きた時間帯に大腸で効果を発揮します。

具体例は、寝つきを良くする薬です。

頓服…症状が出て必要に応じて服用します。

1度飲んで次に服用する時は時間を空けないといけない薬もあります。

具体例は、辛い症状が出た時のみ服用する薬です。

薬の使用方法について

薬は、薬を効率よく体に届ける為に工夫しているモノが多いです。

薬の効果に影響を及ぼす主な副作用についてです。

基本的に薬を服用する場合は、説明書を確認して水やぬるま湯を使用します。

お茶…カフェインが含まれているので睡眠障害に繋がります。

ジュース…薬の効果が低くなる事に繋がります。

血圧やコレストロール関連の薬とグループフルーツを一緒に服用すると副作用が発生する事があります。

コーヒー…カフェインが含まれているので睡眠不足に繋がります。

牛乳…薬の効果が低くなる事に繋がります。

薬と乳たんぱくがを一緒に服用すると吸収されにくくなることがあります。

 
 
    

Thank you