スペアミントについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

爽やかな清涼感と甘さで気分をリフレッシュしてくれるスペアミントは、

繁殖力が高く、ベランダのプランターなどで簡単に栽培する事ができます。

そして、ドライとフレッシュを重ね使いして、香りに深みをもたせます。

さらに色んなハーブとも相性が良いので、紅茶に最適です。

目にも優しいすっきりティータイムです。

ちなみにお菓子作りは、ゼリーやチョコレートなどに使われています。

スペアミントについて

スペアミントは、シソ科の多年草です。

別名は、オランダハッカです。

原産地は、ヨーロッパです。

大きな特徴はリフレッシュ効果、消化促進、リラックス効果などです。

 

基本的に湿り気のある土地が適しています。

主にティー、料理、入浴剤、菓子などに活用されています。

ちなみに香りが穏やかです、ほのかな甘味があります。



スペアミントの歴史について

ギリシャ神話では、冥界王であるハーデスさんは、

地上の妖精であるメンティさんを身初めて恋をしてしまいました。

その後、事情を知った妻のペルセフォネさんは、嫉妬や屈辱に身を震わせて、

メンティさんを水辺の草に変えてしまいました。

しかし、メンティは、魅力的な香りを失っていない草(ミントです)でした。

スペアミントの特徴について

基本的にお茶として利用されているミントは、スペアミントやペパーミントが多いです。

特にヨーロッパ諸国では、スペアミントの方が好まれています。

そして、眠気覚ましや集中力を高めたい時に有効です。

口臭が気になっている人は、濃い目に抽出したお茶でうがいすると良いです。

さらに独特な香りは、食欲を刺激して消化を助ける働きをします。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター