ペパーミントについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

すっきりとした清々しい香りが朝の目覚めのお茶にぴったりなペパーミントは、

馴染み深いミントです。

ティーバックやフレーバーなどで活用されています。

そして、清々しい芳香の主成分であるメントールは、

鎮痛、消炎、強壮、抗菌、かゆみ止め、消化促進などに期待できます。

さらに、ベランダで簡単に栽培する事ができます。

ちなみにフレーバーは、食べ物を口の中に入れた時に感じる香りや風味です。

ペパーミントについて

ペパーミントは、シソ科の多年草です。

別名は、セイヨウハッカです。

原産地は、地中海沿岸です。

大きな特徴は消化促進、殺菌効果、鎮静作用、リフレッシュ効果などです。

 

主にティー、入浴剤、化粧水、料理、菓子などに活用されています。

ちなみにペパーミントは、清涼感が強いです。

葉から抽出されるエッセンシャルオイルは、マッサージオイルとして使用されています。



ペパーミントの歴史について

古代エジプト時代やギリシャ時代から使用されています。

中世時代、修道院の庭で多くのミントが栽培されるようになりました。

ちなみにメントールは、皮膚につけると冷却作用や麻酔作用が働きます。

現代も貼り薬や軟膏などに多く利用されています。

ペパーミントの特徴について

強い清涼感が気分をリフレッシュになりやすく、

朝の目覚めや疲れた時の気分転換にもってこいです。

そして、脂っこい食事の消化に助ける働きもあります。

特に食後のお茶に最適です。

さらに、濃く入れて冷ましたお茶を口臭予防として利用する事ができます。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター