化粧品の歴史について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

いつまでも若々しく生きていけるようにしたいと思う人は多いです。

そして、外見を美しく保つ事は文化を重んじる事です。

メイクアップをする事によって、より美しい立ち振る舞いをする事ができます。

さらに化粧品は、ベースメイクをする事が大切です。

感想による化粧崩れになる前に化粧水や乳液等で対応していきましょう。

美顔と美肌を表現の材料にする事ができて、リアルアートを実現する事が可能です。

化粧品の日本史について

化粧品は、体を清潔にする為の手段です。

女性の美しさの基準は、時代の流れや文化で変わっていきます。

時代 背景
古墳時代 化粧が始まりました。
当時から化粧をする習慣が生まれ始めた時です。
飛鳥時代 おしゃれを意識したメイクが始まりました。
当時は、中国大陸から輸入していました。
平安時代 眉を抜いて額の上部に眉を描いたり、
歯を黒く塗るお歯黒などが流行りました。
江戸時代 当時の美人条件は、色白です。
特に白粉化粧にこだわった女性が多いです。
昭和時代 美容液やパウダーファンデーションが登場しました。
短時間でメイクができるようになっていきました。
平成時代 女子高生や女子大生を中心に流行りを生み出す事が多くなっていきました。
多種多様のメイクアップが個々に合った化粧品があります。



化粧品の世界史について

古代時代は、魔除けの1つとして利用されていました。

古代エジプト時代、目の周りを黒く塗るアイメイクが登場しました。

当時の化粧は、宗教的な意味合いが多かったです。

その後、魔除け目的の化粧が女性のおしゃれ目的へ移り変わっていきました(価値観です)。

ローマ時代、アイラインやアイシャドウなどが登場しました。

エジプト文明で発端した文化は、ヨーロッパ諸国へと広まっていきました。

中世時代、キリスト教の影響によって化粧が制限されていました。

しかし、特権階級がある上級貴族はの女性たちは、化粧をしていました。

ルネサンス時代、香水が登場しました。

当時の美人条件は、色白でした。

顔が真っ白になるまでおしろいを塗る化粧法が流行りました。

中世時代、美の競い合う為に利用されるようになりました。

女性間の美意識が強くなってきめ細かさが重要になっていきました。

近代時代、薄い化粧が流行りました。

フランス革命時代、市民革命によって特権階級が衰退をして男性の化粧の風習が廃れていきました。

現代時代、医学品メーカーが化粧品の開発研究が進行していきました。

化粧品が安価で作れるようになって身近なモノになっていきました。

 
 
    

Thank you