【世界遺産】原爆ドームと平和記念公園のすゝめ【世界平和】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

1945年08月06日08時15分、広島に原子爆弾である『リトルボーイ』が原爆投下されました。

同年08月09日11時02分、長崎に原子爆弾である『ファットマン』が原爆投下されました。

そして人類史上初・世界で唯一核兵器が実践使用された実例です。

さらに第2次世界大戦が終結する大きな出来事の1つです。

ちなみにアメリカ合衆国連邦政府は、太平洋戦争で

上陸直接戦争(本土決戦です)を避ける為に行ったとして公式説明をされています(早期決着です)。

【世界遺産】原爆ドームと平和記念公園のすゝめ【世界平和】について

原爆ドームは、広島市に原爆投下されて破壊された広島県産業奨励館の残骸姿です。

平和記念公園は、核兵器による悲惨さを形にした世界で唯一の建造物です。

そして、核兵器廃絶と恒久平和を訴えた平和記念碑です。

核兵器は、実用化された原子爆弾の総称です。

原子爆弾は、プルトニウムやウラン等の原子核が核分裂反応を利用した核爆弾です。

ちなみにアメリカ合衆国が、最初に開発を成功しました。

その後はソ連が開発成功をして、各国が保有していくようになりました。

さらに原子爆弾の特徴は、高温の熱線・強い爆風・強い紫外線を備えています。

強力な健康被害や災害被害を被る結果を招いてしまう威力があります。

ちなみに核兵器は、大量破壊兵器として世界的に恐れられている武器です。

現在は、核拡散防止条約や部分的核実験禁止条約等で規制されています。

多くの人々が悲惨な結果を踏まえて、核廃絶に向けて声明を掲げています。



第2次世界大戦について

1939年09月01日~1945年09月02日、第2次世界大戦が勃発しました(人類史上最大の大戦争です)。

日本、ドイツ、イタリアを含む日独伊三国同江見を中心とした枢軸国軍VS

アメリカ合衆国、ソビエト社会主義共和国、イギリスを中心とした連合国軍の戦いです。

そしてドイツ軍がポーランドに侵攻した事によって巨大戦争が始まりました。

イギリス軍とフランス軍がドイツに宣戦布告を発動しました。

1939年09月17日、ソ連軍が参戦して独ソ戦が開始されました。

その後、ヨーロッパは大戦場化になりました。

1941年12月08日、日本軍がマレー半島に侵攻して真珠湾を総攻撃しました。

アメリカ軍とイギリス軍を含む連合国軍が日本に対して宣戦布告を発令しました。

1942年、日本軍はマレー半島、香港、インドネシアを占領していきました。

しかし同年06月05日、ミッドウェー海戦で日本軍が敗北しました。

1943年、日本軍はオーストラリアに侵攻しました。

アメリカ軍やイギリス軍が体勢を整い始めて再度空襲戦に挑みました。

しかし枢軸国軍の劣勢が見え始めて、補給部隊が間に合わない状態で体勢が崩れていきました。

同年09月08日、イタリアが降伏しました(イタリア講和です)。

1944年06月、日本の重要拠点であるマリアナ諸島にアメリカ軍による来襲が決行されました。

1945年03月10日、アメリカ軍が東京大空襲を決行しました(日本本土空襲が激化しました)。

同年04月01日、連合国軍が沖縄本土へ上陸して沖縄戦が開始されました。

同年05月07日、ドイツが降伏しました(ドイツ降伏文章です)。

同年08月08日、ソ連が満州国に侵攻を開始しました。

同年08月14日、日本政府がポツダム宣言を受託して降伏しました。

 
 
    

Thank you