がんの予防と治療について【初心者講座~上級者講座】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

現在、1人でも多くの患者さんを救う為にがんに関連する先進的医療の研究が行われています。

そして多くの専門機関は、将来的にがんをなくしていく為に開発や改善に力を注いでいます。

がん研究の最先端の情報や技術を使用して安全性が高い抗がん剤や治療法を模索しています。

さらに、早期発見や予防を実現する為に医療機関によって検診を受ける事ができます。

新薬や手術の多様性も提供しやすいように研究開発が進められています。

がんの基礎知識について

がんは、遺伝子の変異によって増殖した細胞組織です。

そして、細胞分裂の突然異変によって発癌性物質が起きます。

主にたばこや食品に含まれています。

発ガン性物質を少なくする事で、がんを予防する事ができます。

 

主ながんの発生原因についてです。

病原 解説
たばこ たばこの煙は、発癌性物質が含まれています。
様々な種類のがんを発生する要素があります。
食生活 塩分や脂肪分の過剰摂取、過剰な飲酒などです。
がんになる要因に繋がる事もあります。
ウイルス 肝臓がん、胃がん、子宮頸がんなどの発癌性物質が含まれている事があります。
薬品 医薬品や化学物質などです。
がんになる要因に繋がる事もあります。



がん予防のチェックリストについて

①バランスの良い食事や栄養を摂取する。

②定期的にスポーツをする。

③日光に当たりすぎないようにする。

④食べ過ぎないように注意する。

⑤同じモノばかりを毎日食べないようにする。

⑥食事は、ビタミンや食物繊維が豊富な食材を摂取する。

⑦塩分、辛味、熱すぎる食物の摂取を控える。

⑧たばこは吸わない。

⑨飲酒を避ける。



がん予防について

がんを治療する方法としては、検査によって早期発見をする事が好ましいです。

定期的に検査を受けて、がんを予防する事が可能になっていきます。

基本的に問診やレントゲン検査などの短時間で検査をする事ができます。

少しの手間で早期発見に繋がって、家族や社会の生活を守る事ができる大切な事です。

年に1回は検査を受ける事が重要になっていきます。

 

主な早期発見が期待できる精密検査機器についてです。

MRI検査…電磁波と磁力を利用した全身の内部を画像化する検査です。

X線検査…レントゲン検査です。

内視鏡…器官の全体像を詳しく調べる事ができる検査です。

細胞検査…がんの可能性がある部位を少し取って、顕微鏡で調べる検査です。

超音波…放射線の心配がなく器官を調べる事ができる検査です。

マンモグラフィー…専門機械を利用したレントゲン検査です。

がん治療の歴史について

1950年、主な死因が感染症から成人病に変化しました。

1981年、がんが日本人の死因ランキングで1位になりました。

1997年、健康保険法が改正されました。

本人が1割負担だった医療費が2割負担に切り替わりました。

しかし、国民の医療費の負担が増加しました。

2002年、健康保険法が改正されました。

医療費の本人負担額が3割に変更しました。

2008年、がんの治療法が進歩して入院治療から通院治療が多くなりました。

2011年、医学が進歩してがんの病状に合わせて治療方法が広がりました。

最先端のがん治療について

より多くのがん治療を実現する為に新しい医療技術が研究されています。

 

主な最先端医療技術についてです。

ロボット支援手術…手術後の痛みが少なく体力的な回復が早くなります。

主に操作パネルを使用してロボットを自由自在に操る事ができます。

陽子線手術…放射線を利用した手術です。

それまでの放射線治療よりもがんがある部位に効率良く除去する事ができます。

正常な組織を傷つけにくく副作用が少ないです。

がんワクチン…人間特有の免疫細胞を利用した治療手段です。

免疫力を高めてがんへの抵抗力を向上する事ができます。

 
 
    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

ソーシャルメディア