有機栽培で使用される肥料について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

美味しい野菜を収穫する為には、多くの養分が必要になってきます。

そして肥料は、植物の食べ物です。

正常に育つには、水と光と空気と養分としての肥料が欠かせません。

有機肥料は、作物に必要な養分をバランス良く含んでいます。

さらに、野菜を栽培していると土中の栄養分が不足してきます。

不足分を補うのが、肥料です。

有機栽培で使用される肥料について

肥料は、植物を生育する為に利用されている栄養分です。

肥料の3大要素は窒素、カリ、リン酸です。

 

①窒素は、葉肥です(細胞分裂に必要な養分です)。

根、茎、葉の発育繁茂を促進します。

 

②カリは、根肥です。

根の発育を促進したり、病害虫や寒さに対する抵抗力を向上させます。

 

③リン酸は、実肥です。

開花や結実を促進して、根を伸長させます。

2次要素について

肥料の3大要素以外に多量に必要な養分があります。

マグネシウム、カルシウム、硫黄です。

 

①マグネシウムは、葉緑体を作ります。

リン酸の働きをサポートします。

 

②カルシウムは、細胞組織を強化して根の生育を促進します。

土壌酸度を中和します。

 

③硫黄は、たんぱく質を作ります。

微量要素について

多量ではないものの必要な養分があります。

マンガン、モリブデン、鉄、銅、亜鉛、ホウ素です。

 

①マンガンは、葉緑体やビタミンの合成に必要です。

 

②モリブデンは、ビタミンの合成に必要です。

 

③鉄と銅は、葉緑体を作ります。

 

④亜鉛は、新しい葉を作ります。

 

⑤ホウ素は、根や新芽の生育を促進します。



有機質肥料と無機質肥料について

●有機質肥料…動植物を原料にした天然の肥料です。

具体例は油かす、骨粉、鳥糞、魚カスなどです。

土中の微生物によって原料が分解されるので、効果が出るまで時間がかかります。

しかし、ゆっくりと効くので肥焼けなどで傷める心配がないです。

有機栽培では、天然微生物を豊富に含んだ堆肥やボカシ肥料が有名です。

 

●無機質肥料…無機質を原料にした肥料です。

具体例は化学肥料、鉱物などです。

3大要素がバランス良く含まれている事が多いので、初心者でも安心に取り扱えます。

大量生産が可能なので、安価で手に入れやすいです。

有機質肥料と比較してガスや臭いが発生しないです。

効果が大きい分、土壌効果が少ないです。

しかし、根が傷む可能性があります。

有機質肥料の種類について

①堆肥は、微生要素を含んでいる有機質肥料です。

 

②ボカシ肥料は、緩効性がある有機質肥料です。

 

③油カスは窒素成分が多く、バランス良く3大要素が含まれている有機質肥料です。

 

④骨粉はリン酸成分が多く、カルシウムも含まれている有機質肥料です。

甘味が必要な作物

 

⑤魚粉は、窒素成分とリン酸が多く含まれている有機質肥料です。

 

⑥鶏糞はリン酸成分が多く、色々な野菜に向いている有機質肥料です。

 

⑦有機石灰は、カルシウムの補給に繋がる有機質肥料です。

アルカリ性なので、酸性土壌を中和に適しています。

 

⑧草木灰は、カリ成分が多く含まれている有機質肥料です。

アルカリ性なので、酸性土壌を中和に適しています。

 

⑨米ぬかはリン酸成分が多く、甘味が欲しい果菜類に向いている有機質肥料です。

 

⑩天恵緑汁は、天然微生物が豊富に含まれている植物活力剤です。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター