羽生結弦さんと宇野昌磨さんがメダル獲得【平昌冬季五輪】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

2018年02月18日、平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子部門で金メダルを獲得した羽生結弦さんと

銀メダルを獲得した宇野昌磨さんが、当地のジャパンハウスでメダリスト記者会見に臨みました。

そしてフィギュアスケートは、スケートリンク上で音楽に乗せて滑走する競技です。

さらに平昌冬季五輪は、2018年02月09日から開催されているオリンピック冬季競技大会です。

ちなみにメダリスト記者会見は、公益財団法人日本オリンピック委員会(JOCです)が主催しています。

羽生結弦さんと宇野昌磨さんがメダル獲得【平昌冬季五輪】について

第23回オリンピック冬季競技大会のテーマは、Passion. Connectedです(ひとつになった情熱です)。

主催国は大韓民国です、主催都市は平昌群です。

参加国は史上最多の92ヶ国、2925選手がエントリーを行いました。

開会式は2018年02月09日、閉会式は同年02月25日です。

ちなみに初参加国はシンガポール、ナイジェリア、マレーシア、エクアドル、エリトリア、コソボです。

大会公式マスコットキャラクターは、

守護者を象徴するスホラン(平昌オリンピックです)と忍耐や勇希を象徴するバンダビ(平昌パラリンピックです)です。

2011年07月、南アフリカ共和国のダーバンで、

第123次IOC総会(国際オリンピック委員会総会です)が開催されました。

2018年冬季オリンピックの開催地が平昌に決定しました。

そして66年ぶりの連覇を成し遂げたフィギュアスケート男子部門の記者会見は、

国内外の記者(約100人です)が開催地に集まりました。

 

フィギュアスケート選手として活動している羽生結弦さんは、

『ソチ・オリンピックの時と違って非常に非常に沢山の思いを込めてこの金メダルを取りに行きました、

そして最終的に自分が思い描いていた結果になり、

自分の思い描いていたメダルをかけている事がホントに幸せです、

とりあえずスケートを辞める気はまだないので、すがすがしい気分です、

夢は叶ったという気持ちもありますし、やるべき事はやれたなという実感もあります、

ほんとに今まで人生をスケートに懸けてきてホントに良かったと心から言えますし、これからもうちょっとだけ、

もうちょっとだけ自分の分の自分の人生をスケートに懸けたいなと思ってます』というコメントを寄せました。

そして今後の目標は、4回転半ジャンプの挑戦です。

ちなみにファンから投げ入れられた大量の『くまのプーさん』のぬいぐるみは、寄付する事が明らかになりました。



フィギュアスケート選手として活動している宇野昌磨さんは、

『実感はない、2位という結果は嬉しいと思う、何かが変わるとは思っていない、僕も変わらないと思う、

実力の差が完全に結果に出た、追いかける立場は楽だけど、いずれ実力が近くなったら、

競い合えるような選手になりたい、また明日から練習しようと思う』というコメントを寄せました。

そして今後の目標は、ジャンプの完成度の高さの向上です。

 

日本フィギュアスケート史上初のダブル表彰を達成しました。

私は、スケート革命が起きたと思いました。

金メダルを達成した羽生結弦さんと銀メダルを達成した宇野昌磨さん、おめでとうございます。

氷の上で華麗に舞う妖精の姿は、神々しいです。

羽生結弦さんについて

【参考画像】

項目 主な内容
氏名 羽生結弦
生年月日 1994年12月07日
年齢 23歳です。
職業 フィギュアスケート選手です。
出身地 宮城県
所属先 全日本空輪株式会社

宇野昌磨さんについて

【参考画像】

項目 主な内容
氏名 宇野昌磨
生年月日 1997年12月17日
年齢 20歳です。
職業 フィギュアスケート選手です。
出身地 愛知県
所属先 トヨタ自動車株式会社
 
 
    

Thank you