YOSAKOIソーラン節

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

YOSAKOIソーラン節.

日本の民謡を大事にしたいです。

私の好きな民謡は、YOSAKOIソーラン節です。

ソーラン節は、北海道の有名な民謡です。

ニシンという魚を荷揚げ時に歌われたとして伝わっています(ニシキ漁の歌です)。

運動会や体育祭で踊った経験があると思います。

さらに、南中ソーランと呼ばれる郷土芸能が広く知れ渡っています。

南中ソーランは、民謡歌手である以東多喜雄さんがソーラン節をアレンジしたモノです。

ちなみに、名称の由来は北海道稚内市立稚内南中学校の関係者が考案しました。

当時の稚内南中学校は学生内乱が激化していて、その打開策として大いに貢献できました。

南中ソーランはソーラン節を元にして作成されました。

私は、小学生の時に踊りました。

最初は意味が分からなかったです(笑)

テンションが上がるアップテンポ要素に虜になりました。

振り付けを覚えるのに必死だった事を覚えています。



『ヤーレン、ソーランソーランソーラン

ソーランソーラン(ハイハイ)』

このフレーズが特にお気に入りです。

そして、YOSAKOIについても見ていきましょう。

よさこい節は、高知県の有名な民謡です。

ソーラン節とよさこい祭りを合体したのが、YOSAKOIソーラン祭りです。

ちなみにYOSAKOIソーラン祭りは、YOSAKOIソーラン祭り組織委員会が主催しています。

毎年6月、北海道札幌市で開催されるイベントです。

YOSAKOIソーラン祭りが全国的に広まり、

商店街などが町おこしのきっかけとして広く知れ渡りました。

各地のオリジナル民謡が誕生して、オリジナリティーが開花されました。

これは、大きなムーブメントですね。

ムーブメントは、政治的や社会的な運動です。

面白い民謡をもっと楽しみたいと思っています。

巨大な融合を実現させていきましょう。

 
 
    

Thank you