こしょこしょ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

Tickle.

私が大学に入学した当初は、不安な気持ちでいっぱいでした。

小学校、中学校、高等学校に通っていた時は、

入学式の当日に仲が良かった友人と一緒に行動していました。

分からない事が起きた時に、

自分が知っている人を優先して相談していました。

困った時は、自分の周囲の人が支えてくれたおかげで上手くいっていました。

しかし大学に入学した時は、

自分の周りに元から知っている人がいませんでした。

本当に助けてくれる身近な存在がいない事に初めて気がつきました。

大学に入学する前は、他人に頼り過ぎていたと思いました。

学校の宿題内容に関する事、忘れ物の対応、お金の貸し借りなどです。

入学式を終えて、親と一緒に真っ直ぐ帰りました。

くじ引きで決めた大学を進学して、

周りには全く知らない人がいました。

その時に自分の弱さを実感しました。

これは、一人だけで成す事は限界があると理解しました。

学校の講義が始まり、相談相手が必要だと感じるようになりました。

オリエンテーションを通じて、

交流関係を築きやすい場を提供してくれた学校の取り組みに感謝したいです。

それから学校生活に慣れ始めて、

自分の弱さを意識して色んな事に取り組んでいこうと思いました。



大学生活が始まり、大学内に学部専用の研修室がありました。

しかし、私は他学部だったので研究室の出入りが制限がありました。

私は、このルールに納得できませんでした。

大学の施設に規制制度を設けるのは面白くないと感じました。

そこで、無断で使用する事にしました(笑)

何回も他学部の友達たちと利用する度に、

他学部の教授が違和感を持つようになりました。

最終的には、特別扱いで研究室の利用を認可させて頂きました。

この事例により、諦めない事は重要な考え方だと学びました。

自己中な一面が目立ち、他学部生に迷惑をお掛けした事を深くお詫び申し上げます。

動画内では、こしょこしょされている様子を窺えます。

くすぐり攻撃は、私の弱点でもあります。

こしょこしょ耐性は、鍛えていきたいと思っていますー

遊び感覚でやった遊びです。

面白動画に認定して頂けたら嬉しいです。

何気ない事が良い思い出になり、さらに逞しく成長できると自覚しています。

不安になったら大笑いで精算していきますーー

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you