第91回キネマ旬報ベスト・テン【2017年】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

2018年01月11日、株式会社キネマ旬報社が発行する映画雑誌『キネマ旬報』が、

第91回キネマ旬報ベスト・テンを発表しました。

そして主演男優賞は菅田将暉さん、主演女優賞は蒼井優さんが受賞されました。

さらに新人男優賞は山田涼介さん、新人女優賞は石橋静河さんが受賞されました。

ちなみに日本映画ベスト・テンは『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』、

外国映画ベスト・テンは映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』です。

第91回キネマ旬報ベスト・テン【2017年】について

キネ旬は、毎月5日・20日に刊行されている映画誌です。

1919年07月から始まりました。

日本映画ベスト・テン第1位に輝いた映画『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』は、

詩人として活動している最果タヒさんによる詩集を原作とした映画です。

映画監督として活動している石井裕也さんによる2017年05月13日に公開した日本映画です。

 

外国映画ベスト・テン第1位に輝いたは映画『I, Daniel Blake』は、

イギリス映画監督として活動しているKen Loach(ケン・ローチです)さんによる

2016年05月13日に公開したドラマ映画です。

第69回カンヌ国際映画祭パルム・ドール(最高賞です)、第69回ロカルノ国際映画祭観客賞を受賞しました。

 

文化映画ベスト・テン第1位に輝いたは映画『人生フルーツ』は、

映画監督として活動している伏原健之さんによる2017年01月02日に公開したドキュメンタリー映画です。

第42回放送文化基金賞番組部門最優秀賞を受賞しました。

 

キネマ旬報ベスト・テンは、長い歴史を持つ映画賞です。

各部門の選出は、映画評論家や新聞記者などから選抜した約120人の選考委員によって選考されています。

各部門の順位は、各自の選考委員が自分の基準によって10本の映画を選んで評価をしています。

そして合議制の選出方法によって透明性が高い賞です(中立性と信頼性を兼ね揃えています)。

個性的な視点で集計しているので、大ヒット作品の傾向が変わります。

ちなみに日本映画と外国映画は、読者選出部門があります。

それぞれの10本を読者投票によって選別されます。

読者ベスト・テン(日本映画)、読者ベスト・テン(外国映画)は、2018年02月に発表予定です。

1924年、芸術的に最も優れた映画と娯楽的に最も優れた映画の外国映画2部門のみを行っていました。

その後、大正時代から現在まで継続的にベスト・テンとして開催されています。

当時は、編集同人の投票集計でした。

 

第91回キネマ旬報個人賞【2017年】についてです。

映画賞 受賞者 受賞作品
主演男優賞 菅田将暉さん 火花・帝一の國・キセキ -あの日のソビト-・あゝ、荒野(前篇)・あゝ、荒野(後篇)
主演女優賞 蒼井優さん 彼女がその名を知らない鳥たち
助演男優賞 양익준さん(ヤン・イクチュンです) あゝ、荒野(前篇)・あゝ、荒野(後篇)
助演女優賞 田中麗奈さん 幼な子われらに生まれ
新人男優賞 山田涼介さん 鋼の錬金術師・ナミヤ雑貨店の奇蹟
新人女優賞 石橋静河さん 映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ・密使と番人・PARKS パークス
監督賞 大林宣彦さん 花筐/HANAGATAMI
脚本賞 石井裕也さん 映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ
外国映画監督賞 Ken Loach(ケン・ローチです)さん わたしは、ダニエル・ブレイク



私は、アメリカのアカデミー賞よりも長い歴史を誇っている映画祭に吸い寄せられました。

そして、厳選された称賛作品が多数ノミネートされています。

発想力、表現力、技術力の3点が映画の基礎を築き上げてきました。

アカデミー賞よりも深みが濃い映画賞だと思いました。

山田涼介さんについて

【参考画像】

項目 主な内容
氏名 山田涼介
生年月日 1993年05月09日
年齢 24歳です。
職種 歌手、俳優、タレント、Hey! Say! Jumpメンバーなどです。
出身地 東京都
所属先 株式会社ジャニーズ事務所です。

石橋静河について

【参考画像】

項目 主な内容
氏名 石橋静河
生年月日 1994年07月08日
年齢 23歳です。
職種 女優です。
出身地 東京都
所属先 株式会社スーパートランプ

 

第91回キネマ旬報日本映画ベスト・テン【2017年】について

順位 受賞作品
第1位 映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ
第2位 花筐/HANAGATAMI
第3位 あゝ、荒野(前篇)・あゝ、荒野(後篇)
第4位 幼な子われらに生まれ
第5位 散歩する侵略者
第6位 バンコクナイツ
第7位 彼女の人生は間違いじゃない
第8位 三度目の殺人td>
第9位 彼女がその名を知らない鳥たち
第10位 彼らが本気で編むときは、

 

第91回キネマ旬報外国映画ベスト・テン【2017年】について

順位 受賞作品
第1位 わたしは、ダニエル・ブレイク
第2位 マンチェスター・バイ・ザ・シティ
第3位 ダンケルク
第4位 立ち去った女
第5位 散歩する侵略者
第6位 沈黙 -サイレンス-
第7位 希望のかなた
第8位 ドリーム
第9位 ムーンライト
第10位 ラ・ラ・ランド

 

第91回キネマ旬報文化映画ベスト・テン【2017年】について

順位 受賞作品
第1位 人生はフルーツ
第2位 標的の島 風かたか
第3位 やさしくなあに ~奈央ちゃんと家族の35年~
第4位 ウォーナーの謎のリスト
第5位 谺雄二 ハンセン病とともに生きる 熊笹の屋根の生涯
第6位 沈黙 立ち上がる慰安婦td>
第7位 米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー
第8位 笑う101歳×2 笹本恒子 むのたけじ
第9位 まなぶ 通信制中学60年の空白を越えて
第10位 廻り神楽
 
 
    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

ソーシャルメディア