ADAコインについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

21世紀は対戦ゲーム、協力プレイ、コミュニケーションゲームなどのオンラインゲームが台頭しました。

人気の高いゲームジャンルは、MMORPGです(大規模多人数同時参加型オンラインRPGです)。

MMOは、Massively Multiplayer Onlineの略語です(同時参加型オンラインゲームです)。

RPGは、Role Playing Gameの略語です(ロールプレイングゲーム、ストーリー性のある目的達成ゲームです)。

自由度が高い、戦略性が高い、リズム性やストレス発散性などに期待される

オンラインゲームに関連した暗号通貨や仮想通貨が誕生しました。


ADAコインについて

ADAコインは、カルダノのブロックチェーン上で利用する為の暗号通貨です。

別名は、エイダコインです。

ADAは、デジタル通貨(アルトコインです)の1種です。

発行限度量は、320億枚です。

エイダコインは、19世紀のイギリス貴族女性である

Ada Lovelaceさん(エイダ・ラブカスです)に由来しています。

そして株式会社アテインコーポレーションが発行している仮想通貨です。

 

CARDANO…ビットコインやイーサリアムなどの暗号通貨や仮想通貨が、

抱えている問題を解決する為に発足したプロジェクトです。

これは、オンラインゲームやオンラインカジノ関連を取り扱っている次世代ゲームプラットフォームです。

ちなみに、オープンソース・ソフトウェア・プロジェクトです。

プラットフォームは、アプリケーションを動作する環境の事です。

オンラインゲームは、コンピューターネットワークを利用したゲームです(ネットゲームやネトゲです)。

オンラインカジノは、インターネットを通じて遊ぶ事ができるカジノゲームです。

そしてカルダノは、公平なゲームシステムを構築する為に誕生しました。

カルダノ上で発行や利用できる基軸通貨がADAコインです。

他の暗号通貨は、運用後に問題が発覚する事が多いです。

しかしカルダノは、学術的な論文に基づいて開発を行っています。

学者たちによるフィードバックやレビューなどを改善策として、安全な設計である事を保証されています。



Plutus…高付加価値対応のスマートコントラクトです。

これは、ガバナンス、コンプライアンスなどの複雑な契約等を管理する事ができます。

スマートコントラクトは、契約条件や契約内容をブロックチェーン上に同時に管理できるシステムです。

 

ウロボロス…プルーフ・オブ・ステークです(PoSです)。

プルーフ・オブ・ステークは、取引承認システムです。

そしてプルーフ・オブ・ワーク(PoWです)の代替システムです。

コインを持っている割合で、ブロックの承認の割合を決めています。

PoWは、最も仕事をした参加者にブロック作成権限を持てます。

PoSは、最も保有している参加者にブロック作成権限を持てます。

ADAコインの歴史について

カルダノ財団と研究開発企業であるIOHKが開発をしました。

開発者は、暗号通貨の第一人者であるCharles Hoskinsonさん(チャールズ・ホスキンソンです)です。

運営者は、Cardano Fundationです。

そしてカルダノ財団は、30億人の財布を作成する事を目標としています。

30億人は、国家によって身分が保証されていない人です(銀行口座を持つ事ができない人です)。

目標達成をする為にプラットフォーム上のアプリケーションの1つとして、ゲームを開発しています。

さらにIOHKは、カルダノの技術的な開発を行っている企業です。

2015年02月15日、Cardano Fundationが設立されました。

同年06月01日、株式会社Input Output HongKongが設立されました。

2016年09月25日、カルダノの開発が開始されました。

2017年10月02日、ADAコインが上場しました。

今後は、持続可能性や相互運用性などに優れている通貨を目指しています。

ADAコインの保管所について

ハードウォレット…専用端末で利用する方式です。

メリットは送金速度が高い、セキュリティーが高いなどです。

デメリットはハッキング等のリスクなどです。

ウォレットは、ADAコインを保管できるツールです。

ADAコインの購入方法と売却方法について

ADAコインの購入方法は、取引所を通じて購入する事ができます。

Bittrex(ビットレックスです)があります。

現在は、マイニングできません。

マイニングは、採掘する事です。

ADAコインの売却方法は、取引所を通じて売却する事ができます。

暗号通貨や仮想通貨を利用する際は、自己責任です。

電子通貨は、リターンとリスクが生じます。

通貨に関する知識を理解した上で、取り組んで下さい。

 
 
    

Thank you