Products

金融商品の保護に関する種類について

       

金融機関が破綻しました。

預金者、投資者、保険契約者などの保護から、

金融機関の破綻によって払戻しが不可となった場合は、

破綻金融機関に代用して払戻しや破綻に伴う損失の補償などを行います。

現在は、預金保険制度、投資者保護基金、保険契約者保護機構などがあります。

保護内容は、制度によって異なります。

ちなみに、金融商品の保護は限度額があります。

Open

金融商品の変化について

       

昔の金融の仕組みは個人と企業などのお金のやり取りが、

銀行や信用金庫などを仲立ちして行われる間接金融でした、

個人は銀行などにお金を預けます。

それを銀行は企業に設備投資資金などとして、

また個人に住宅ローンとして融資できます。

貸し出す資金が回収されるか回収のリスクは銀行が負う事で、

個人は預貯金で貯蓄していると一定の金利を獲得する事ができます。

Open

金融商品の選び方について

       

銀行は私たちの大事なお金を預けたり、引き出したりする事ができます。

さらに安全にお金を管理や決済したり、お金を貸しだりします。

これは、経済活動に大きな貢献や効率化をしています。

経済活動に関係している金融商品はいっぱいあります。

具体例は預貯金、株式、債券、保険などです。

しかし、どれを選ぶか悩んでしまう事も少なくはないです。

詳しく見ていきましょう。

Open

金融商品について

       

将来は子どもと一緒に過ごしていきたい、大きな住宅に住みたい、

豊かな老後生活を営みたいなどの希望のライフスタイルを妄想している人は多いです。

日常生活を楽しく過ごしていく為には、

具体的な生活プランを計画していく事が必要な場合があります。

将来に備えたライフステージを構築していきたいという希望者が少なくはないのが現状です。

大きなイベントを迎える前に資金調達をしておくと安心感が違います。

大切な事は、金融に関する知識を学ぶ事が目的です。

Open