【就活】事務機器【業界研究】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

事務関連機器は、先進国で市場が成熟期を迎えています。

そして最近は、IT関連の製品と組み合わせて提案をする事が多いです。

働き方革命や生産性の向上などの法人向けに注力しています。

さらに新興国向けは、大きく伸びています。

今後は、人工知能(AIです)などを生かして付加価値を高める戦略が目立ちます。

構造改革や業界再編などの可能性が広がっています。

事務機器について

事務機器産業は、成長率がまずまずです。

主にオフィス向けの事務全般で使用する機器です。

プリンターなどの情報機器が多いです。

そしてコピー、FAX(ファクシミリです)、

スキャナーなどの複数の機能を備える複合機が有名です。

本体の販売や消耗品の交換などで収益に貢献しています。

さらに複写機は、本や原稿などを複写する装置です(コピー機です)。

 

ビジネス機械・情報システム産業協会の研究調査データによると、

2018年度の世界事務機器出荷数は、1兆4679億円です(前年比1.7%増です)。

しかし、複写機や複合機は低下しています(8842億円です・前年比-1.7%減です)。

ちなみに、3年連続伸び悩んでいます。

そして、印刷会社向け製品の商業印刷、衣類やラベルに印刷する産業印刷などの

周辺ビジネスが増えています。

さらにITを組み合わせた複合機サービスとして、

マネージド・プリント・サービスがオフィスの課題解決に役立てるサービスを強化しています。

つまり、複合機でオフィスの文書をデータとして活用できます。

パソコンで出力したり、スマホ・タブレットでメール共有、

文書や写真等のデータ提携できるクラウドサービスなどの多様なサービスに進化しています。

 

2010年、カメラ大手企業であるキヤノンが、

オランダ世界印刷機大手企業であるオセを買収しました。

機械大手企業である富士ゼロックスが、オーストラリア世界事務機サービス大手企業である

アップストリーム・プリント・ソリューションズを買収しました。

米国世界事務機器大手企業であるゼロックスが、

米国世界情報技術サービス大手企業である

アフィリエーテッド・コンピューター・サービシズを買収しました。

2014年、電気機器大手企業であるコニカミノルタが、オーストラリア

世界業務向け印刷コンサルティング大手企業であるエルゴアジアPtyを買収しました。

2016年、電子計測機器世界大手企業であるヒューレット・パッカードが、

大韓民国世界総合家電大手企業であるサムスン電子のプリンター事業を買収しました。



国内の事務機器について

①キヤノンは、オフィス複合機最大手企業です。

売上高は、3兆9519億円です。

営業利益は、3429億円です。

総合オフィス複合機、プロジェクターなどに特化しています。

HPにレーザープリンタのOEMを供給しています。

ちなみに、インクジェットプリンター世界第2位大手企業、

A3レーザー複合機・複写機世界第3位大手企業です。

 

②リコーは、オフィス複合機大手企業です。

売上高は、2兆132億円です。

営業利益は、868億円です。

プロジェクター、販路などに特化しています。

ちなみに、A3レーザー複合機・複写機世界最大手企業です。

 

③シャープは、オフィス複合機大手企業です。

売上高は、2兆4000億円です。

営業利益は、841億円です。

コンビニ向けに特化しています。

 

④コニカミノルタは、オフィス複合機大手企業です。

売上高は、1兆591億円です。

営業利益は、624億円です。

米国向けA3カラーに特化しています。

ちなみに、A3レーザー複合機・複写機世界第4位大手企業です。

 

⑤富士ゼロックスは、オフィス複合機大手企業です。

売上高は、1兆56億円です。

営業利益は、964億円です。

富士フィルムホールディングスとゼロックスの子会社です。

 

⑥東芝テックは、オフィス複合機大手企業です。

売上高は、4768億円です。

営業利益は、179億円です。

POS、中華人民共和国向けなどに特化しています。

東芝の子会社です。

 

⑦OKIは、オフィス複合機大手企業です。

売上高は、4414億円です。

営業利益は、175億円です。

LED複合機に特化しています。

 

⑧京セラドキュメントソリューションズは、オフィス複合機大手企業です。

売上高は、3751億円です。

京セラの子会社です。

ちなみに、A3レーザー複合機・複写機世界第5位大手企業です。

 

⑨パナソニックは、プロジェクター大手企業です。

売上高は、8兆27億円です。

営業利益は、4114億円です。

スポットライト型に特化しています。

 

⑩NECは、プロジェクター大手企業です。

売上高は、2兆9134億円です。

営業利益は、584億円です。

国内のその他の事務機器について

①セイコーエプソンは、インクジェットプリンター大手企業です。

売上高は、1兆896億円です。

営業利益は、713億円です。

インクジェットに特化しています。

ちなみに、インクジェットプリンター世界第3位大手企業です。

 

②ブラザー工業は、インクジェットプリンター大手企業です。

売上高は、6839億円です。

営業利益は、719億円です。

インクジェットプリンターに特化しています。

 

③船井電機は、インクジェットプリンター大手企業です。

売上高は、1055億円です。

営業利益は、6億円です。

インクジェットプリンター製造に特化しています。

 

④カシオ計算機は、プロジェクター大手企業です。

売上高は、2981億円です。

営業利益は、302億円です。

超短焦点プロジェクターに特化しています。

海外の事務機器について

①ゼロックスは、印刷機器世界大手企業です。

売上高は、1兆7600億円です。

富士ゼロックスと製品・ITサービスを相互供給しています。

ちなみに、A3レーザー複合機・複写機世界第2位大手企業です。

 

②ヒューレット・パッカードは、インクジェットプリンター世界最大手企業です。

売上高は、5兆8400億円です。

純利益は、5300億円です。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター