【医療】健康診断で胃がんリスク、ピロリ菌の対処法について【ハヤシマイル】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

胃の中で存在しているピロリ菌は、胃がんリスクに繋がる菌です。

そしてヘリコバクター・ピロリは、人間の胃の粘膜に生息している菌です。

一般的に感染経路は、不明です。

有説としては、子どもの時の衛生環境が原因で感染する事が多いです。

さらに幼少期は、免疫力が低いので感染しやすいです。

つまり、子どもの頃の影響で高齢者になって感染する人が高いです。

大人になってからのピロリ菌に感染する可能性が低いです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
 
 

Tsubasa Hayashiとつながる

胃の中で存在しているピロリ菌は、胃がんリスクに繋がる菌です。

そしてヘリコバクター・ピロリは、人間の胃の粘膜に生息している菌です。

一般的に感染経路は、不明です。

有説としては、子どもの時の衛生環境が原因で感染する事が多いです。

さらに幼少期は、免疫力が低いので感染しやすいです。

つまり、子どもの頃の影響で高齢者になって感染する人が高いです。

大人になってからのピロリ菌に感染する可能性が低いです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター