【金融】銀行カードローンと消費者金融の違い【ハヤシマイル】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

最近、銀行に関連したカードローンの貸出残高が増加しています。

銀行カードローンは、都市銀行や地方銀行などが提供しているローンサービスです。

ちなみにローンは、お金を貸す事です(融資です)。

消費者向けのローンで有名な消費者金融は、貸金会社として人気を誇っていました。

しかし、厳しい規制によって貸付残高が減少していきました。

2014年には、銀行のカードローンが貸金会社を逆転しました。

【金融】銀行カードローンと消費者金融の違い【ハヤシマイル】について

●銀行ローンが増えていく中で・・・

カードローンが原因?!→2016年以降、自己破産件数が増加した要因として銀行カードローンが指摘されています。

銀行のブランド力がローンを利用する人にとってハードルを下げている事に繋がります。

消費者金融を悪いイメージを持っている人が多くいますが、銀行に対して抵抗感がある人は少ないですね。

どこで借りているかによって、自信満々に応じる事ができます。

銀行のATMから現金を引き出すと預金を下ろしているかのような感覚に陥りやすいです。

借金をしている感覚がないような錯覚になっていきます。

高金利とは思えない所も注意が必要→銀行カードローンは上限が14%前後、

消費者金融は18%前後が相場です。

メガバンクで利用していると返済しやすいイメージが湧いてくる事もありますが、

支払う利息が大きくなります。

最初から少額から始めても便利で簡単な手続きで行う事ができるので、借りてしまうパターンが多くです。

借りている人は、月々の返済額は知っていても利息分は考慮していないケースがあります。

返済期間を設けていても忘れてしまうリスクがあるので、利用は計画的にしましょう。

借りる金額が増えると金利を下げてくる事もあるので、お得感が得やすい構造になってきている中、

しっかり返済額と返済期間を計画的に行ってから実践してみる事が大切だと思います。

借りない事が1番ですが、病む終えない状況の時は将来の事を考えてから取り組んでいきたいですね。

 
 
    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター