【医療】高齢者に多い足の病気、下肢静脈瘤について【ハヤシマイル】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

日本で約4800万人の患者がいる下肢静脈瘤という病気があります。

そして70代、50代〜60代に発症しやすい下肢静脈瘤は、足の血管に関する病気です。

さらに良性の病気なので、命の危険性が低いです。

しかし、むくみや足の異変などが起こって生活に支障がある事があります。

基本的に足に血液が溜まって起こる事が多いので、

セルフケア次第では症状を改善する事ができます。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
 
 

Tsubasa Hayashiとつながる

日本で約4800万人の患者がいる下肢静脈瘤という病気があります。

そして70代、50代〜60代に発症しやすい下肢静脈瘤は、足の血管に関する病気です。

さらに良性の病気なので、命の危険性が低いです。

しかし、むくみや足の異変などが起こって生活に支障がある事があります。

基本的に足に血液が溜まって起こる事が多いので、

セルフケア次第では症状を改善する事ができます。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター