株式の基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

株券は、株式会社に資金を出資している証明として、

株主に対して発行される社員券です。

そして、株主が株式会社へ出資した資金は、

会社が存続する限り払い戻しがされません。

株主が株式を換金しようとする場合は、株式市場で売却します。

①株式投資について

株式投資は将来性のある企業、素晴らしい商品やサービスを提供している企業を支援する事によって、

リターン(利益です)を得る事ができる仕組みです。

これは、投資した会社に出資して資金面で応援する楽しみ、

会社を育成して社会や経済の発展を寄付するという社会的な意義があります。

株式投資の魅力についてです。

値上げ益…株価の値上げによる売却益です(キャピタルゲインです)。

配当金…会社が得た利益の還元です(インカムゲインです)。

株主優待…自社製品やサービスなどの提供です。

しかし、発行企業の経営破綻や株価の値下がりのリスクが生じます。

株式投資に関しては株式についての知識を習慣化して、

投資対象の株式会社について学び続ける事が大切です。

②株式投資の売買について

株式を購入する場合は、証券会社で取引口座を開設する必要があります。

その際は、本人確認書類(運転免許所、健康保険所などです)、印鑑、銀行口座情報等が必要です。

口座開設完了後は、売買注目ができるようになります。

売買注文は、投資家が東京証券取引所に直接注文するのではなく、

証券会社を通じて株式売買注文をします。

そして、投資家から注文を受けた証券会社は、東京へ情報を伝達します。

売買をする前に銘柄名(証券コードです)と買いや売りの別を決めます。

売買の数量、売買の時間、買いや売りを指定するなどがあります。

売買の数量についてです。

株式の売買単位は1株、100株、

1000株などの1単元1000株以下で発行会社によって異なります。

基本的には、100株単位が多いです。

そして、株式ミニ投資や株式累計投資などによって、

少額で株式投資が行う事ができます。

売買の時間についてです。

取引時間は、午前と午後に分けて取引ができます。

前場…午前の取引時間です。

後場…午後の取引時間です。

前場の時間帯 9時00分~11時30分
後場の時間帯 12時30分~15時00分

主な注文方法についてです。

指値注文…希望する売買値段を指定する注文方法です。

しかし、売買の機会損失を失う事があるのが欠点です。

成行注文…希望する売買値段を指定しない注文方法です。

しかし、売買の想定外の値段で売買成立する事が欠点です。

その他の株式に関する事項についてです。

株式等振替制度…上場株式の株式等の権利の管理を証券保管振替機構、

証券会社等に開設された口座において電子的に行う制度です。

証券保管振替機構は、株主情報を発行会社に通知して、

株主はこれに基づいて配当などの権利が受けられるようになります。

株式売買委託手数料の自由化…証券会社に支払う株式売買委託手数料は、

各証券会社が独自に様々な手数料体系を採用しています。

手数料は取引金額、注文方式、取り扱い商品などによって、

それぞれに設定されています。

売買代金の精算…株式の売買が成立してから、

その被を含めて4営業日(各証券会社の休業日は除きます)に精算が行われます。

外国株式…外国の会社が発行する株式です。

国内証券会社を通じて外国株式を売買する場合は、

東京証券取引所上場株式を利用する方法ができます。

その他の方法としては、国内証券会社を相手方として外国株式を売買する方法、

売買注文を海外市場へ取り次いでもらう方法があります。

株式の基礎知識

 
 
    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

ソーシャルメディア