がんの基礎知識【初心者講座~上級者講座】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

日本人が多くの病に発症する事があります。

病気の中で最も身近にある不二の病として認知している人が多いです。

そして最近は、早期発見や早期治療によって治療できる範囲が広がっています。

医療技術が進歩していて、がん予防やがんに対する備えが必要です。

さらにがんは、徐々に進行していく恐ろしい病気なのでがん研究が盛んです。

ちなみにがんは、食生活や生活習慣などの改善によってがん予防に繋げる事ができます。

がんの基礎知識について

がんは、突然変異(遺伝子変異です)によって増殖した細胞組織です。

基本的にがんは、年を取る程掛かる確率が高くなる傾向になっています(高齢化です)。

長生きする人が多い日本は、がんによる死亡要因が多いです。

国立がん研究センターの研究調査によると男性は約60%、女性は約45%が発症しています。

日本人の2人に1人がガンに関連する病気に掛かっています。

 

厚生労働省が発表した日本人の死亡要因についてです(21世紀のデータです)。

順位 病名
第1位 がん
第2位 心臓病
第3位 肺炎
第4位 脳卒中
第5位 老衰
第6位 不慮の事故
第7位 自殺
第8位 腎不全
第9位 慢性閉塞性肺実患
第10位 大動脈瘤及び解離

がんの仕組みについて

がん細胞は、正常な細胞の遺伝子の受け継ぎミスによって生じます。

①細胞が分裂する時に元の細胞にある遺伝子が受け継ぎます。

②しかし、正常な遺伝子の受け継ぎが上手くいかない事があります。

③その後、不正な遺伝子(がんの源です)が細胞分裂をしていきます。

基本的に不正ながん細胞が誕生してもほとんどの確率で死んでいきます。

④生き残った不正な細胞が増殖する事によって周囲に広がっていきます。

 

がん細胞は、固まりになって他の組織や器官に広がっていきます。

主な原因は、体の悪い働きを促進するがん(悪性新生物です)が増加するからです。

そして、正常な細胞は分裂しないようにコントロールされていますが、

がん細胞の場合は少しずつ固まりになって成長していきます。

その後、腫瘍として大きくなっていきます。

ちなみに腫瘍は、異常に増殖する細胞の塊です。

さらに、腫瘍が広がって血管に入ると血液によって全身に運ばれて増殖していきます。

国立がん研究センターが発表したがんとたばこの関係についてです(21世紀のデータです)。

煙草を吸う人と吸わない人を比較すると吸う人の方ががんになる確率が高くなります。

禁煙をする事によって、がん予防になりやすくなります。

ちなみにたばこは、遺伝子の受け継ぎを阻害する発癌性物質が入っています。

がん名 たばこによる死亡確率
喉頭がん 5.5倍
肺がん 4.8倍
食道がん 3.4倍
口腔がん・咽頭がん 2.7倍
肝臓がん 1.8倍
すい臓がん 1.6倍
胃がん 1.5倍
がん全体の平均値 2.0倍

がんの種類について

一般的にがんは、体にある臓器や組織に発生します。

日本で発症する可能性が高いがんに関する病気があるので、

定期的な検査を行う事によって早期発見や治療がしやすくなります。

食道がん…喉と胃の間を繋ぐ臓器に発症するがんです。

肺がん…肺に発症するがんです。

胃がん…胃の粘膜に発症するがんです。

肝臓がん…肝臓に発症するがんです。

腎臓がん…左右にある腎臓に発症するがんです。

大腸がん…大腸に発症するがんです。

前立腺がん…男性にある臓器に発症するがんです。

乳がん…女性が鳴りやすいがんです。

子宮がん…女性にある臓器に発症するがんです(子宮体がんや子宮頚がんなどです)。

卵巣がん…女性にある左右にある臓器に発症するがんです。

 

厚生労働省が発表した日本人男性の死亡数が多い臓器についてです(21世紀のデータです)。

順位 病名
第1位
第2位
第3位 大腸
第4位 肝臓
第5位 すい臓

 

厚生労働省が発表した日本人女性の死亡数が多い臓器についてです(21世紀のデータです)。

順位 病名
第1位 大腸
第2位
第3位
第4位 すい臓
第5位

がんの治療について

主にがんは、3大治療法と呼ばれる治療方法によって治療します。

3種類のがん治療が主流で行われています。

外科治療…がんを手術によって治療する手段です。

がんを直接切り取るやり方です。

そして、早期発見で手術をするのが早いと完治する可能性が高くなります。

最新治療法としてメスを入れる範囲をできるだけ小さくする事によって、

患者さんに負担を軽減する事ができます。

しかし、手術が失敗するリスクもあります。

化学療法…がんを抗癌剤によって治療する手段です。

そして、がん細胞を抑制するやり方です。

薬、点滴、注射などを使用して血液によって全身に届けやすくなります。

しかし、副作用が生じる場合があります(副作用を和らげる薬も開発されています)。

具体例は脱毛や吐き気などです。

放射線治療…がんを放射線によって治療する手段です。

そして、がん細胞を集中して放射線を当てるやり方です。

しかし、放射線によって副作用が生じる事があります。

 
 
    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

ソーシャルメディア