薬の種類について【初心者講座~上級者講座】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

病気になる前に病気を予防する事が大切です。

色々な病気を知って、対策を毎日の生活に取り入れる事が病気を防ぎやすい事に繋がります。

そして、ドラッグストアや薬局は、薬を購入された患者さんがすぐにその場で薬が飲めるように、

ウォーターサーバーを設置している事が多いです。

さらに、歩行者や車いす利用者などを考慮した段差をなくした空間、

案内板の文字を大きく表記したおもてなし等の工夫されている医療産業は、

ゆとりのある薬場としてプライバシーに配慮しています。

薬の種類について

薬は、医師から処方してもらう処方箋と

処方箋が必要ではないドラッグストア・薬局で購入する事ができます。

ちなみに処方箋は、医師が患者さんに対して信用度が高い薬を提供する為の書類です。

 

主な薬の分類についてです。

医療用医薬品…医師が患者さんに診察をして処方箋に従って薬剤師が調剤する薬です。

大きな特徴は、効き目が強い事です。

一般用医薬品…ドラッグストア(薬店です)や薬局で購入できる薬です。

別名は、OTC医薬品です。

大きな特徴は、効き目が穏やかです。

基本的には、病気の早期段階に利用される事が多いです。

第1類一般用医薬品…安全性上で特に注意が必要な一般用医薬品です。

大きな特徴は、販売先が薬剤師だけが行っている事です。

第2類一般用医薬品…安全性上で注意が必要な一般用医薬品です。

大きな特徴は、薬剤師などからの基本的な情報提供を行っている事です。

第3類一般用医薬品…安全性上で特に説明が不要な一般用医薬品です。

大きな特徴は、特に説明をする必要性がない事です。

薬の形状について

錠剤…原料を規程の形にした薬です。

大きな特徴は、飲みやすい大きさになっている事です。

カプセル剤…液体や粉状を容器に入れた薬です。

大きな特徴は、味やにおいを感じにくいので飲みやすいです。

貼付剤…皮膚に貼りつける薬です。

大きな特徴は、布などに塗る事が多い事です。

注射剤…直接入れる薬です。

大きな特徴は、血管や体内等に利用しやすい事です。

点眼剤…直接入れる薬薬です。

大きな特徴は、目薬として利用しやすい事です。

口腔内崩壊錠…水なしで飲める薬です。

大きな特徴は、口の中に入れるだけで薬が溶けて利用しやすい事です。

薬の作り方について

主に薬は、自然界から取り出して調合する薬と物質から調合する薬などがあります。

有効成分…自然にあるモノから作られる薬です。

具体例は植物、動物、鉱物などです。

病気を治療に役立つ働きがあるモノから取り出した有効成分を原料として利用されています。

物質…色んなモノを組み合わせて作られる薬です。

具体例は石油、石炭などです。

化学合成をして効き目のある成分に変えて原料として利用されています。

混合…必要な物質を合わせた薬です。

具体例は用途に応じた薬や新薬などです。

飲みにやすくしたり、変化を抑える物質を混ぜて原料として利用されています。

病気の予防対策方法について

病気になった時に応急措置として家庭向けの救急箱を利用する事ができます。

救急箱は、応急措置の為に使用される薬品や医療器具を収納した箱です。

薬の使用期限切れ、薬の使用済み等の点検も確認する必要があります。

常備薬…軽病に対応できる基本的な薬品です。

傷薬、消毒薬、風邪薬、下痢止め薬、湿布薬、痛み止め薬、胃腸薬、酔い止め薬、湿疹用軟膏などです。

救急用品…緊急性に対応できる基本的な薬品です。

滅菌ガーゼ、絆創膏、包帯、冷却シート、体温計、毛抜き、爪切り、カットメン、ピンセットなどです。

主な病気の予防法について

風邪…手洗い、マスクを付ける、予防接種などです。

熱中症…水分補給、塩分補給、涼しい場所に移動するなどです。

食中毒…殺菌された食材や調理器具を使用する、食材を分けて保存するなどです。

花粉症…マスク、眼鏡、うがい、杉やヒノキ等の草木に近づかないなどです。

 
 
    

Thank you