化粧品の種類について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

メイクや香水などのたくさんの種類がある化粧品は、清潔を維持する為に必要なモノです。

特に肌や髪を洗ったり、保湿する為のケア用品を体の部分に合わせて様々な種類があります。

そして洗う為の化粧品、潤いを保つ為の化粧品、においを防ぐ為の化粧品は、身近なコスメです。

さらに、多くの化粧品は香りがつけられていて心地よさや自分を演出する事ができます。

ちなみにコスメチックは、化粧品や頭髪用化粧品の総称です。

化粧品の種類について

化粧品は、体を清潔にする事を目的とした方法です。

 

ヘアケア部門についてです。

シャンプー…髪と頭皮の汚れを落とします。

コンディションナー(リンス)…髪の表面に膜を作って保護して、髪の手触りを良くします。

水分の蒸発を抑えます。

トリートメント…髪の内部にまでアミノ酸などの補修成分を補給して潤いのある髪にします。

ヘアカラー…髪を好みの色に染めます。

基本的に化粧品や医学部外品があります。

 

フレグランス部門についてです。

フレグランス…香水を身にまといます。

花の香りやフルーツの香りなどをブレンドして作られます。

 

メイクアップ部門についてです。

メイクアップ…メイク用の化粧品です。

肌を綺麗に見せたり、シミやニキビなどを隠したりします。



ケア部門についてです。

洗顔料…肌の汚れを洗い流します。

汚れを流して肌を清潔にします。

しかし、こすったり熱いお湯で洗うと必要な脂分まで流れてしまうので注意しましょう。

化粧水…肌の水分を補います。

洗顔すると汚れと一緒に保湿に必要な成分も洗い流されてしまうので、肌の状態を整えます。

乳液(クリーム)…肌の潤いを保ちます。

肌に油分の膜を作って水分の蒸発を防ぎます。

肌荒れを防いできめ細かい肌をキープできます(保湿クリームなどです)。

日焼け止め…紫外線を守る化粧品です。

シミやシワの原因になる紫外線を防ぎます。

 

ボディケア部門についてです。

ボディソープ…体を洗って肌を清潔にします。

汗の臭いを防いだり、乾燥を防ぎます。

クリーム…乾燥がしやすい部分に潤いを保ちます。

特にひじ、かかと、ひざなどです。

入浴剤…様々な成分が入っていて肌を清潔にします。

香り成分や温泉の成分を含んでいるタイプが多いです。

制汗剤においの原因となる菌を殺菌します。

汗そのものを抑えるタイプもあります。

 
 
    

Thank you