ヘルメットについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

高速で走り続ける自動車・自転車・オートバイは、便利な乗り物として日頃から親しまれています。

しかし、安全運転を怠って交通事故や人身事故などに繋がる危険な乗り物です。

ヘルメットは、人体の損傷を軽減してくれる防護帽子です。

人間の一番大事な部分である頭を保護してくれる効果があります。

最近はおしゃれ目的で装着される事もありますが、安全第一が最重要です。

ヘルメットについて

ヘルメットは、頭部を保護する為に被る防護帽です。

別名は兜、保護帽、安全帽などです。

基本的には、落下物などから作業者の頭部を保護する為に利用されています。

そしてヘルメットは主に帽体と内装体から構成されています。

帽体内部は、検定試験に合格した証として『労・検ラベル』が貼付されています。

主なヘルメット用語についてです。

帽体…頭部を覆う殻です。

ハンモック…保護帽の頭部への衝撃吸収効果があります。

ヘッドバンド…保護帽を着用者の頭角サイズに合わせる効果があります。

環紐…衝撃を緩和する効果があります。

あご紐…脱落帽子効果があります。

衝撃吸収ライナー…発泡スチロールなどの衝撃吸収効果があります。

さらに日本は、産業用保護帽や土木工事用保護帽として販売されているヘルメットが、

道路交通法施行規則第9条に適用されているオートバイや原動機付自転車などに使用できます。

乗車用ヘルメットとして着用する事が可能です。

 

保護帽の国家検定規格についてです。

飛来・落下用…物体の飛来や落下による危険を防止する規格です。

具体例は足場の組み立て作業、建設用リフトの組み立て作業、造林作業時などです。

堕落時保護用…堕落や転落による危険を防止する規格です。

具体例は大型貨物自動車の荷の積み卸し作業、不整地運搬車の荷の積み卸し作業、高所作業などです。

電気用…7000V(ボルトです)以下の電気による危険を防止する規格です。

具体例は低圧活線作業、高圧活線作業、通気孔のある保護帽の使用不可などです。

主なヘルメットの素材についてです。

FRP…耐熱性が高い素材です。

ABS…耐電性が高い素材です。

ポリエチレン…耐薬品性が高い素材です。

主なヘルメットの種類について

バイク用ヘルメット…オートバイ向けのヘルメットです。

【参考画像】

自動車用ヘルメット…自動車向けのヘルメットです。

【参考画像】

自転車用ヘルメット…自転車向けのヘルメットです。

【参考画像】

通学用ヘルメット…学生向けのヘルメットす。

【参考画像】

軍用ヘルメット…軍事向けのヘルメットです。

【参考画像】

スポーツ用ヘルメット…スポーツ向けのヘルメットです。

【参考画像】

ヘルメットの歴史について

古代時代、主に兜として戦闘時に利用されていました。

戦国時代、武士がかぶっていた兜や剣道などが使用されていました。

当時は、矢や刀等で傷付けにくくする為に利用していました。

頭部を保護する目的や装飾による威容目的などの幅広い用途に使用されていきました。

現在は、警察や軍隊などの敵の攻撃から身を守る為にヘルメットを着用しています。

技術革新によって、安価・軽量・強化プラスチックのヘルメットの大量生産が可能になりました。

そしてヘルメットの印象は、安心安全目的が強いです。

ヘルメットのサイズについて

頭部の外周…頭部の周辺を測った値です。

日本の主なヘルメットのサイズ表についてです(参考値です)。

サイズ 頭部の外周
子供用 約51.0㎝~約53.0㎝
XSサイズ 約53.0㎝~約54.0㎝
Sサイズ 約55.0㎝~約56.0㎝
Mサイズ 約57.0㎝~約58.0㎝
Lサイズ 約59.0㎝~約60.0㎝
XLサイズ 約61.0㎝~約62.0㎝
XXLサイズ 約63.0㎝~約64.0㎝
 
 
    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

ソーシャルメディア