加藤遊海さんが2018ミス・ユニバース日本代表へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

2018年03月19日、世界一の美女を決定する『2018ミス・ユニバース』の日本代表最終選考会が、

東京都内にあるホテル椿山荘東京で開催されました。

そして、ミス・ユニバース三重県代表である加藤遊海さんがグランプリを獲得しました。

日本代表最終選考会は、ファイナリスト36人の中から日本代表選手を選出するコンテストです。

ちなみにファイナリストは、全国で開催された地方大会を勝ち抜いた各地区のミス・ユニバース代表者です。

加藤遊海さんが2018ミス・ユニバース日本代表について

ミス・ユニバースは、1952年から開催された世界を代表するミスコンです。

世界各国の都市で開催されていて、世界80ヶ国の代表者が参加して世界一の栄冠を競い合う美の祭典です。

ミス・ワールド、ミス・アース、ミス・インターナショナルと同様に世界4大ミスコンテストの1つです。

そして、ファイナリストについてです。

対象者は、18歳~27歳の女性です(計36名です)。

主な審査はスピーチ審査、ウォーキング審査です。

優勝者は、『2018ミス・ユニバース・ジャパン』の称号と

『第67回ミス・ユニバース世界大会』出場権を獲得する事ができます。

さらにティアラを贈呈された加藤遊海さんは、

『三重県代表の加藤遊海です、凄くびっくりしています、今日1日、

日本各地の美女たちとお友達になって凄く楽しい1日でした、一緒に戦ってきたファイナリストの皆さん、

ありがとうございました』というコメントを寄せました。

 

タレントとして活動している加藤遊海さんについてです。

趣味はスキューバダイビング、料理、釣りなどです。

特技は、語学力(英語、マレー語、中国語です)

2001年、両親と共にマレーシアへ移住しました。

2012年、日本に帰国しました。

2015年、モデル活動を開始しました。

2016年、マレーシアにおいて日本人初の国民的アイドルになりました。

2018年01月19日、ミス・ユニバース三重を受賞しました。

ミス・ユニバース三重の主な出場理由は、両親の出身地が三重県で三重から出場したからです。

ちなみに2018ミス・ユニバース・ジャパンの主な出場理由は、

マレーシアで日本人女優として活動していて、

日本の魅力をPR(プロモーションです)をする為です。

私は、積極的に異文化を取り入れていくべきだと思います。

同文化と異文化の融合こそが新しい価値観を創造できるからです。

そしてアクティブ系の元気良さが選考会で響いて、日本代表に導いたと感じれます。

ちなみに世界大会は、今夏頃に行われる予定です。

ぜひ、世界一の称号と日本一の美を届けてほしいと思っております。

加藤遊海さんについて

【参考画像】

※肖像権の都合上、掲載しておりません。

項目 主な内容
氏名 加藤遊海
生年月日 1996年07月10日
年齢 21歳です。
職業 タレント、モデル、女優などです。
出身地 愛知県
所属先 株式会社セントラルジャパン

 

2018ミス・ユニバース・ジャパン最終選考会結果について

順位 受賞者 肩書き 職業 年齢
第1位 加藤遊海さん ミス・ユニバース三重 タレント 21歳
第2位 野澤麗花さん ミス・ユニバース東京 会社員 24歳
第3位 豊澤瞳さん ミス・ユニバース北海道 バレーボールコーチ 27歳
第4位 仁瓶さん ミス・ユニバース新潟 大学生 22歳
 
 
    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

ソーシャルメディア