【就活】後発医薬品・ジェネリック医薬品【業界研究】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

後発薬の処方でインセンティブ(報償です)などによって、

医療現場での先発薬からの置き換えが進行して約75%になりつつあります。

そして、新規成分の増加やオーソライズド・ジェネリックの投入などが進行しています。

さらににオーソライズド・ジェネリックは、先発医薬品レベルのジェネリック医薬品です。

有効成分、原薬、製造方法、添加物なども新薬と同じ後発薬です。

基本的に新薬メーカーから特許権の使用承諾を得て製造販売しています。

後発医薬品について

後発医薬品産業は、成長率が高いです。

特許が切れた医療向け医薬品の成分をそのまま利用して作る医薬品です。

そして、成分や効能は同じですが、研究開発に必要な費用が抑える事ができます。

新薬メーカーが販売してきた先発医薬品と比較すると、低価格で販売されています。

 

医療費抑制策として日本政府が、後発薬の普及を促進しています。

2020年に80%(パーセントです)を目標設定しています。

後発薬メーカーは販売数量が増加していますが、薬価の引き下げで収益力が低下しています。

薬価は、毎年改定になる事もあるので日本市場に頼りすぎない収益構造が重要です。

さらに新薬メーカーは、特許切れ医薬品や

後発薬事業を後発薬メーカーに売却する動きが目立ちます。

買収先の企業と連携して業界の勢力図を変えています。



国内の後発医療について

①沢井製薬は、後発医療売上第1位最大手企業です。

売上高は、1843億円です。

営業利益は、257億円です。

 

②日医工は、後発医療売上第2位大手企業です。

売上高は、1665億円です。

営業利益は、82億円です。

 

③東和薬品は、後発医療売上第3位大手企業大手企業です。

売上高は、1051億円です。

営業利益は、159億円です。

 

④日本調剤は、薬局チェーン後発医療大手企業です。

売上高は、406億円です。

営業利益は、18億円です。

 

⑤共和薬品工業は、精神神経後発医療大手企業です。

売上高は、282億円です。

 

⑥ニプロは、受託製造後発医療大手企業です。

売上高は、4263億円です。

営業利益は、238億円です。

 

⑦武田テパファーマは、後発医療大手企業です。

売上高は、1061億円です。

 

⑧Meiji Seika ファルマは、新薬・後発医療大手企業です。

売上高は、406億円です。

営業利益は、18億円です。

明治ホールディングスの子会社です。

 

⑨陽進堂は、バイオ後発医療大手企業です。

売上高は、433億円です。

営業利益は、50億円です。

 

⑩エルメッドは、剤形後発医療大手企業です。

売上高は、252億円です。

日医工の子会社です。

海外の後発医療について

 

①テバファーマシューティカル・インダストリーズは、

後発医療売上高第1位世界最大手企業です(イスラエルです)。

 

②マイランは、後発医療売上高第2位世界大手企業です。

 

③ファイザーは、後発医療世界大手企業です。

マイランと提携して研究開発しています。

 
 
    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター