【就活】防衛【業界研究】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

日本の長期的な防衛力の整備が重要になっています。

現在は、部隊数や装備の整備目標などを定めています。

基本的に中期防衛力整備計画(中期防です)を策定します。

そして大幅な規制緩和によって、戦闘機などの国際開発に進行しました。

さらにアメリカ合衆国は、大型再編に向かっています。

ちなみに2019年、戦闘機『F35』が日本で墜落しました。

防衛について

防衛産業は、成長率がまずまずです。

日本は、軍事向け機器や潜水艦などの開発・生産を防衛省に納入しています。

特に独自技術や自動警戒システムに強いです。

2014年04月01日、武器輸出三原則の緩和によって輸出拡大に期待できます。

しかし、価格競争の問題点や協業などの課題があります。

 

兵器開発は、技術の向上が進歩しています。

最近は、国際共同開発が主流です。

1989年〜2011年、日米共同開発によるF2の生産が開始しました。

防衛ついて

①ユナイテッド・テクノロジーズは、航空機械世界大手企業です。

売上高は、6兆6500億円です。

 

②レイセオンは、ミサイル世界最大手企業です。

売上高は、2兆7000億円です。

 

③ボーイングは、戦闘機・防衛システム世界大手企業です。

売上高は、2兆6300億円です。

 

④BAEシステムズは、防衛欧州最大手企業です。

売上高は、1兆6800億円です。



⑤ノースロップ・グラマンは、ステルス機世界大手企業です。

売上高は、3兆円です。

 

⑥三菱重工業は、潜水艦・ミサイル大手企業です。

売上高は、6775億円です。

営業利益は、-374億円です。

 

⑦三菱電機は、艦船向けミサイル・戦闘機向けミサイル大手企業です。

売上高は、4262億円です。

営業利益は、122億円です。

 

⑧NECは、作戦向けシステム大手企業です。

売上高は、9816億円です。

営業利益は、522億円です。

 

⑨IHIは、戦闘機エンジン大手企業です。

売上高は、4922億円です。

営業利益は、464億円です。

 

⑩川崎重工業は、輸送機・潜水艦大手企業です。

売上高は、4760億円です。

営業利益は、326億円です。

その他の防衛について

①日油は、砲弾火薬大手企業です。

売上高は、322億円です。

営業利益は、19億円です。

 

②ダイセルは、砲弾火薬大手企業です。

売上高は、1078億円です。

営業利益は、155億円です。

 

③ジャパンマリンユナイテッドは、護衛艦大手企業です。

 

④富士通は、防衛施設向け通信機器大手企業です。

 

⑤東芝は、レーダーシステム・地対空ミサイル大手企業です。

 

⑥新明和工業は、救難飛行艇大手企業です。

 

⑦日本製銅所は、戦車向けの砲身大手企業です。

売上高は、454億円です。

営業利益は、26億円です。

 

⑧豊和工業は、銃や追撃砲の設計・製造大手企業です。

売上高は、31億円です。

営業利益は、0億円です。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター