【就活】コンビニエンストア【業界研究】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

右肩上がりで成長を続けてきたコンビニエンストア市場は、新たな局面を迎えました。

2018年度の店舗数は増加しましたが、1店舗当たりの集客力が弱体化しました。

つまり、既存店の売上高が伸び悩んでいます。

そしてコンビニは、ドラッグストアやスーパーマーケットなどの小売店との競争が激化しています。

人手不足の深刻化によって、加盟店側の経営が難関です。

今後は、既存店の売上高を上げていく工夫を再確認する必要があります。

主にセルフレジによる省力化、冷凍食品の拡充、

スマホアプリによる購買データの収集、ネットコンビニによる商品宅配などです。

コンビニエンストアについて

コンビニエンストア産業は、成長率が高いです。

基本的に弁当、おにぎり、飲料品などの食料品や

日用雑貨などを取り扱っている小型小売店です。

そして、日本のフランチャイズチェーン(FCです)方式を採用しています。

フランチャイズは、加盟店に販売権を与える事です(ブランド使用権です)。

ちなみに、24時間営業が主流になっています。

店舗網の物流、ATMや公共料金の収納代行などのサービスが豊富です。

さらに、プライベートブランド(PBです)の商品開発を強化しています。

プライベートブランドは、小売業者が独自ブランドを展開する商品です。

特に食料品や日用品などです。

 

そしてFC契約は、売れた商品の粗利益をFC本部と加盟店が分け合う仕組みです。

人件費は、加盟店側が負います。

人手不足によって、人件費が高騰して加盟店の収益が悪化傾向です。

特に加盟店オーナーが、営業時間の短縮化を強行するなどの社会問題になっています。

さらに2019年04月、経済産業省がコンビニ大手各社に対して、

人手不足などの行動計画を作成するように求めました。

ちなみに2019年度は、店舗数の純増が1979年度以来最低水準でした。

 

2017年02月、三菱商事がローソンのTOB(株式公開買付です)をして子会社化をしました。

2018年08月、伊藤忠商事がユニー・ファミマホールディングスを

株式公開買い付けをして子会社化をしました。

2019年09月、ユニー・ファミマホールディングスがファミリーマートを

吸収合併をして社名変更をしました(株式会社ファミリーマートです)。



国内のコンビニについて

①セブン-イレブン・ジャパンは、コンビニ最大手企業です。

売上高は、4兆8988億円です。

営業利益は、2450億円です。

店舗数は、2万876店です。

日販は、65.6万円です。

売上高シェアは、ファストフード(30.6%です)>非食品(30.2%です)>

加工食品(26.1%です)>日配食品(13.1%です)です。

セブン&アイ・ホールディングスの子会社です(三井物産と提携しています)。

伊藤忠食品は、取引関係があります。

 

②ローソンは、コンビニ第2位大手企業です。

売上高は、2兆2361億円です。

営業利益は、457億円です。

店舗数は、1万4659店です。

日販は、53.1万円です。

売上高シェアは、加工食品(52.6%です)>ファストフード(24.7%です)>

日配食品(13.5%です)>非食品(9.2%です)です。

三菱商事の子会社です。

2014年10月、成城石井を子会社化しました。

 

③ファミリーマートは、コンビニ第3位大手企業です。

売上高は、2兆9828億円です。

営業利益は、442億円です。

店舗数は、1万6430店です。

日販は、53.8万円です。

売上高シェアは、非食品(29.9%です)>日配食品(27.0%です)>

加工食品(25.2%です)>ファストフード(5.9%です)>その他(12.1%です)です。

伊藤忠商事の子会社です。

2016年09月、サークルKサンクスと経営統合をしました。

 

④ミニストップは、コンビニ第4位大手企業です。

売上高は、3337億円です。

営業利益は、1億円です。

店舗数は、2197店です。

日販は、41.3万円です。

イオンが出資しています。

 

⑤セコマは、コンビニ第5位大手企業です。

売上高は、1808億円です。

店舗数は、1202店です。

北海道に特化しているコンビニチェーン店です(セイコーマートです)。

 

⑥JR東日本リテールネットは、コンビニ第6位大手企業です。

売上高は、1229億円です。

店舗数は、781店です。

駅ナカに特化しているコンビニチェーン店です。

 

⑦デイリーヤマザキは、コンビニ第7位大手企業です。

売上高は、638億円です。

店舗数は、1493店です。

山崎製パンの子会社です。

 

⑧スリーエフは、コンビニ第8位大手企業です。

売上高は、610億円です。

営業利益は、-2億円です。

店舗数は、354店です。

神奈川県や首都圏に特化しているコンビニチェーン店です。

 

⑨ポプラは、コンビニ第9位大手企業です。

売上高は、478億円です。

営業利益は、-3億円です。

店舗数は、475店です。

中国地方に特化しているコンビニチェーン店です。

 

⑩シー・ヴイ・エス・ベイエリアは、コンビニ第10位大手企業です。

売上高は、21億円です。

営業利益は、8000万円です。

千葉県に特化しているコンビニチェーン店です。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター