【就活】建設機械【業界研究】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

中国メーカーの台頭によって、低価格の地場メーカーが伸びています。

そして日本は、耐久性や品質などのサービス面で差別化を行っています。

特に現場の生産性を向上させるサービス開発に注力しています。

さらに建設の電動化が発展して、バッテリー駆動式ショベルが開発されています。

主に油圧ショベル、補給部品、ミニショベル、トラクタ、建設向けクレーン、

道路機械、基礎機械、コンクリート機械、トンネル機械などの建設機械が出荷されています。

建設機械について

建設機械産業は、成長率がまずまずです。

ブルドーザー、クレーン、道路舗装の機械などの建設機械は、

インフラ整備に欠かす事ができない分野です。

そして、鉄鉱石や石炭などの資源開発を利用する

大型ショベルやダンプトラックが活躍しています。

さらに、工場などの新設に伴って需要が高まっています。

ちなみに、景気の先行指数として受注動向が注目されています。

 

日本建設機械工業会の2018年度出荷額は、2兆8073億円です。

2年連続で過去最高額を達成しました。

特にアジアや北米地域などでインフラ整備が高く、

資源価格の回復で鉱山機械の大型機械需要も広がりました。

ちなみに日本では、排気ガス規制による需要の低下が回復傾向にあります。

しかし、米中の景気動向や資源価格の変動に左右されやすいです。

国内の建設機械について

①コマツは、国内最大手企業です。

売上高は、2兆7252億円です。

営業利益は、3978億円です。

 

②日立建設は、油圧ショベル大手企業です。

売上高は、1兆337億円です。

営業利益は、1168億円です。

 

③コベルコ建設は、クレーン大手企業です。

売上高は、247億円です。

営業利益は、14億円です。

 

④クボタは、農機大手企業です。

売上高は、1兆5279億円です。

営業利益は、2008億円です。

 

⑤古河機械倉庫は、車両搭載型クレーン大手企業です。

売上高は、293億円です。

営業利益は、27億円です。



⑥アクティオは、建設レンタル最大手企業です。

売上高は、2719億円です。

 

⑦三菱ロジスネクストは、中国ジェット機大手企業です。

売上高は、4483億円です。

営業利益は、131億円です。

 

⑧タダノは、建設向けクレーン大手企業です。

売上高は、1884億円です。

営業利益は、158億円です。

 

⑨ヤンマーホールディングスは、建機・発電機大手企業です。

売上高は、4568億円です。

営業利益は、50億円です。

 

⑩酒井重工業は、ロードローラー大手企業です。

売上高は、247億円です。

営業利益は、14億円です。

世界の建設機械について

①キャタピラーは、建設機械世界最大手企業です。

売上高は、5兆4700億円です。

営業利益は、8200億円です。

 

②CNHインダストリアルは、フィアットグループ世界大手企業です。

売上高は、1兆4800億円です。

 

③ボルボ・カーは、工程機械世界大手企業です。

売上高は、842億スウェーデン・クローナです。

営業利益は、113億スウェーデン・クローナです。

 

④三一重工は、中国最大手企業です。

 

③JCBは、インド向け建設機械世界大手企業です。

売上高は、33億ポンドです。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター