【就活】ビール【業界研究】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

ビール、発泡酒、第三のビールなどのビール市場は、徐々に縮小傾向になっています。

しかし、発酵の仕方を変更したりして、

味や香りが異なるクラフトビールが日本に普及しています。

そして、味の多様さや楽しむ飲酒文化が広がる事により、

ビール市場の活性化が期待されています。

さらに、若者や女性を中心に宴会でも注文形態が変わってきています。

適正飲酒の影響でノンアルコール飲料、ハイボール、チューハイなどにシフトしてきています。

ビールについて

ビール産業は、成長率がまずまずです。

そしてビールは、麦芽・水・ホップなどを発酵させて作っています。

基本的に二条大麦やホップは、海外から輸入しています(特に欧州地域です)。

国内のホップ農家は、ビール大手会社から支援を受けています。

ちなみに第3ビールや発泡酒は、麦芽の含有比率が低く、酒税も低いです。

 

2018年度の国内大手5社のビール飲料品の出荷量は、約3億9390万ケースです。

しかし、節約志向や嗜好の変化によってビール離れが続いています。

特にハイボール(ウイスキーをソーダ割りしたタイプです)、

チューハイ(蒸留酒をソフトドリンク割りしたタイプです)などの

多様なラインナップが増えた事も大きいです。

今後は、消費増税の影響や2026年に酒税の変更予定などによって、

主力ブランドの投資が続いています。



国内のビールについて

①アサヒグループホールディングスは、ビール売上第1位最大手企業です。

売上高は、2兆1202億円です。

営業利益は、2117億円です。

主なブランド商品はスーパードライ(主力ブランドです)、

クリアアサヒ(第3のビールです)などです。

 

②キリンホールディングスは、ビール売上第2位大手企業です。

売上高は、1兆9305億円です。

営業利益は、1983億円です。

主なブランド商品は一番搾り(主力ブランドです)、

のどごし<生>本麒麟(第3のビールです)などです。

 

③サントリーホールディングスは、ビール売上第3位大手企業です。

売上高は、2兆5172億円です。

営業利益は、2508億円です。

主なブランド商品はザ・プレミアム・モルツ(主力ブランドです)、

金麦(第3のビールです)などです。

 

④サッポロホールディングスは、ビール売上第4位大手企業です。

売上高は、5218億円です。

営業利益は、108億円です。

主なブランド商品は生ビール黒ラベルとヱビス(主力ブランドです)、

麦とホップ(第3のビールです)などです。

 

⑤オリオンビールは、ビール売上第5位大手企業です。

売上高は、257億円です。

営業利益は、25億円です。

沖縄県で大きなシェアを占めています。

海外のビールについて

①アンハイザー・ブッシュ・インベブは、ビール販売数世界最大手企業です(ベルギーです)。

 

②ハイネケンは、ビール販売数第2位世界大手企業です(オランダです)。

 

③華潤ビールは、ビール販売数第3位世界最大手企業です(中華人民共和国です)。

 

④カールスバーグは、ビール販売数第4位世界大手企業です(デンマークです)。

 

⑤モルソン・クアーズは、ビール販売数第5位世界最大手企業です。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター