【医療】座り続けていくとがんや死亡リスクに繋がる事について【ハヤシマイル】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

2012年、シドニー大学の調査研究データによると、1日に座っている時間が4時間未満の成人と比較して、

1日8時間〜11時間座っている成人が15%(パーセントです)、

11時間以上座っている成人が40%程度の死亡リスクが高まるこ事が明らかになりました。

そして座りすぎによる大きな病気にも繋がっていく事も研究成果に反映されています。

特に大腸がんが30%程度、乳がんは17%も死亡リスクが上がります。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
 
 

Tsubasa Hayashiとつながる

2012年、シドニー大学の調査研究データによると、1日に座っている時間が4時間未満の成人と比較して、

1日8時間〜11時間座っている成人が15%(パーセントです)、

11時間以上座っている成人が40%程度の死亡リスクが高まるこ事が明らかになりました。

そして座りすぎによる大きな病気にも繋がっていく事も研究成果に反映されています。

特に大腸がんが30%程度、乳がんは17%も死亡リスクが上がります。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター