【医療】がん死亡者が最も多い肺がんの早期発見へ【ハヤシマイル】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

国立がん研究センターの2017年度がん情報データによると、

2017年にがんで死亡した人が37万3334人でした。

そして最も多いがん部位が、肺がんです(7万4120人です)。

ちなみに男性が第1位、女性が第2位でした(高齢者の割合が多く占めています)。

早期発見ができれば重度な病から脱出する事が可能になってきます。

しかし、死亡リスクを下げる事ができる免疫療法がありますが、

進行中のがんよりも比較的に早期がんに注目してみましょう。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
 
 

Tsubasa Hayashiとつながる

国立がん研究センターの2017年度がん情報データによると、

2017年にがんで死亡した人が37万3334人でした。

そして最も多いがん部位が、肺がんです(7万4120人です)。

ちなみに男性が第1位、女性が第2位でした(高齢者の割合が多く占めています)。

早期発見ができれば重度な病から脱出する事が可能になってきます。

しかし、死亡リスクを下げる事ができる免疫療法がありますが、

進行中のがんよりも比較的に早期がんに注目してみましょう。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ニュースレター登録

    

Thank you