【喫煙】昭和時代と平成時代から見るたばこの常識変化【ハヤシマイル】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

禁煙を推進している飲食店や職場などが増えている現在は、煙草の喫煙率が30%以下になっています(男性です)。

そして2016年、日本たばこ産業株式会社(JTです)が公表している『全国たばこ喫煙者率調査』によると

男性の喫煙率が初の30%未満になりました。

さらに、男女の喫煙率も19.3%の過去最低記録を達成しました。

しかし昭和時代では、ほとんどの男性が喫煙していました(1966年データは83.7%です)。

健康被害の影響で喫煙者が低下している中、昭和時代と平成時代のたばこ事情について振り返ってみましょう。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
 
 

Tsubasa Hayashiとつながる

禁煙を推進している飲食店や職場などが増えている現在は、煙草の喫煙率が30%以下になっています(男性です)。

そして2016年、日本たばこ産業株式会社(JTです)が公表している『全国たばこ喫煙者率調査』によると

男性の喫煙率が初の30%未満になりました。

さらに、男女の喫煙率も19.3%の過去最低記録を達成しました。

しかし昭和時代では、ほとんどの男性が喫煙していました(1966年データは83.7%です)。

健康被害の影響で喫煙者が低下している中、昭和時代と平成時代のたばこ事情について振り返ってみましょう。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ニュースレター登録

    

Thank you