地球温暖化と環境問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

地球温暖化の規模はかなり危険です。

地球温暖化の原因である二酸化炭素が大気中にたまり続けています。

年々、植物が処理ができないぐらいの二酸化炭素濃度は高くなっています。

温暖化により、ハリケーン、台風の勢力が強大になっています。

南極では棚氷がどんどん溶けていっています。

それが海面の上昇につながります。

地球温暖化について

地球温暖化は、地球上の大気や平均気温が長期的に上昇する現象です。

気候変動の1種です。

そして、家畜のゲップが大きな問題です。

大気中のメタンガスが二酸化炭素よりも温室効果を持っています。

家畜のゲップがメタンガスにつながります。

今後、アメリカのアラスカ州の永久凍土が解ける始めると僕は予測します。

永久凍土が解けることで、空気中に放出されるメタンガスが発生します。

これはもう地球温暖化よりも気候の危機です。

逆に温暖化のメリットとしては、氷が解けると航路が開けて貿易がしやすくなります。

生態系に大きな影響を与えます。

暑過ぎて働けないという事が起きます。

世界の気温上昇は、生産性低下の恐れでもあります。

特に中国、インドネシアなどのアジア43カ国で熱波の影響が経済の悪化に繋がると予測します。

猛暑日が続くとそれまでと同じ集中力で働き続ける事ができなくなり、仕事のペースが落ちます。

飲食料業界も影響がします。

干ばつ被害は深刻です。

地球温暖化の防止策としては、一人一人が意識を持って動かないといけません。

自分達が住んでいる場所が無くなる可能性はありえます。

意識を持っている事と持っていない事はレベルが違います。

異常気象について

異常気象は、通常とは異なる気象の総称です。

具体例は熱波、寒波、大雨、豪雪、乾燥などです。

日本人があまり知られていない異常気象についてです。

アジアのインドネシアで土が燃える火災が大きな問題です。

泥炭火災が問題になっています。

そして、雨不足により悪化が加速してます。

インドネシアは物凄い勢いで森林伐採が行われています。

最近は、森林伐採後にパームヤシを作っています。

オイル、化粧品、石鹸、洗剤品などの生産のために環境破壊を繰り返しています。

悪質な大企業から賄賂を受け取り、闇のビジネスをやり続けています。

お金のためなら、環境を破壊してまでやり続ける発展途上国は少し考え直す必要がありますね。

温暖化の影響で、貧困層が増え続ける結果がみえます。

さらに、アメリカも異常気温が起きています。

生活が激変して、水がでないという問題もあります。

アメリカ山林大火災が起きています。



ゴミ問題について

ごみ問題は、経済活動や災害などによって発生したゴミや廃棄物に関連する問題です。

ゴミの問題は深刻化してます。

世界中のゴミが増え続けて、ゴミの処理が追いついていないです。

ナポリのゴミ問題が有名ですね。

世界のゴミは2000年代で約81億t、2010年代になると約105億tになっています。

リサイクルシステムを身近にしないといけないですね。

大企業ではなく中小企業をより多く動く必要があります。

ブレストの油化装置は、とても上手い手法だと思います。

大きなゴミが油田に変わります。

ゴミをバイオエタノールに変える技術も進歩しています。

ウェストピッカーも増えています。

ウェストピッカーは、廃棄物の最終処分所などの処分施設で有価物を収集する個人事業主です。

これは、経済発展の裏ですね(表側と裏側の世界があるという事です)。

PM2.5について

PM2.5についてです。

Particulate Matter(粒子状物質です)は、

直径2.5㎛(マイクロメートルです)以下の小さな粒子です。

主な成分は炭素成分、硫酸塩、アンモニウム塩、アルミニウムなどの無機元素などです。

健康への影響はせんぞく、気管支炎などの病気に繋がります。

中国の北京は大気汚染が問題になっています。

日本の空気清浄機が儲かってます。

PM2.5の元凶は何でしょうか?

主に石炭が大きな原因です。

石炭火力発電所、工場、トラックなどの排出ガスなども原因です。

蒸気機関車が現在も使われています。

火力発電所で使用した使用済みの有害な石炭灰を特定の場所に捨てています。

特定の場所といっても、そこらへんに捨ててるというイメージだと分かりやすいです。

石炭は中国人にとっては想像ができないほど身近な存在です。

石炭に含まれている不純物は大気汚染の原因に繋がります。

では、なぜそこまで石炭に依存するのでしょうか?

主に石炭が多く採取できて、コストが低いからです。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you