トイレの基礎知識【初心者講座~上級者講座】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

大勢の人が利用する施設は、体の不自由な人や赤ちゃんなどの様々な人が利用しています。

子ども連れの人が利用しやすいユニークなトイレもあって、

排泄目的のトイレが多くの人々に自由に利用できる便所があります。

そして、汚れが付きにくいタイプや掃除がしやすいトイレなど

清潔な便器が技術や工夫によって開発が進行しています。

トイレの基礎知識について

トイレは、排泄施設です。

別名は、便所、お手洗いなどです。

主に大便器や小便器の排泄の用を足す為に設置されています。

 

トイレに設置されている主な機能についてです。

室内便座…温風でトイレ内を温める機能です。

暖房便座…便座を心地よい温度設定にする機能です。

温風乾燥…温風効果で乾かす機能です。

脱臭機能…使用中や使用後の臭いを吸い込む機能です。

オート便器洗浄…便座から離れると自動的に水が流れる機能です。

オート開閉…蓋が自動的に開いたり閉めたりする機能です。

トイレの豆知識について

地球環境問題を考慮する為に貴重な水や電気を節約する仕組みが増えています。

トイレが快適に使用できるように様々な工夫が取り入れられています。

節電…熱効率が良いセラミックヒーターを利用する事が多いです。

ウォッシュレット・トイレは、利用する時だけお湯を沸かします。

節電が上手くいくと約65%の節約が期待できます。

節水…トルネード洗浄を利用すると少ない水で綺麗に洗い流す事ができます。

大便器の場合は、8ℓ(リットルです)の節水ができます。

小便器の場合は、6ℓの節水ができます。

ちなみに男子小便器は、4.5ℓの節水ができます。

節電が上手くいくと約55%の節約が期待できます。



トイレの種類について

トイレは、便器の形や汚物処理の仕方によって様々な用途に分かれています。

和式…しゃがむ形式のトイレです。

日本で古くから利用されているタイプです。

洋式…腰かける形式のトイレです。

ヨーロッパ諸国で普及しているタイプです。

汚物処理の分類についてです。

汲み取り式…汚物を貯めて置いてまとめて置くタイプです。

日本の法律によって公共の下水道がある地域で採用されています。

水洗式…汚物を水で流して綺麗になるタイプです。

19世紀、イギリスやフランスで伝染病を防ぐ為に考案されたスタイルです。

主に汚物が川や海に流れ込まないように従来の形式よりも清潔感が保つ事ができます。

世界のトイレについて

中華人民共和国…公衆トイレは個室にしきりがなくて、隣の人の姿の見える様式になっています。

インド…しゃがみ式のトイレが多いです。

左手を使用して水でお尻を洗います。

ケニア…サバンナ地帯はトイレがなく草原で用を

イギリス…夜になると酔っ払いが立ち小便するのを防ぐ為に

夜だけ地上に出てくる公衆トイレがあります。

フランス…パリの街角に公衆トイレが多いです。

アメリカ合衆国…ニューヨーク州にある公園内は公衆トイレがあります。

インド…しゃがみ式のトイレが多いです。

基本的には、左手を使用して水でお尻を洗浄します。

公衆トイレについて

公衆便所は、利用者が一般向けの共有便所です。

広く開放されたトイレとして有名です。

そして、ユニバーサルデザインを採用する公衆トイレが増加しています。

ユニバーサルデザインは、

子どもから大人まで分かりやすく快適と安全に使用できるように作られたモノです。

利用者に気を配った設備が整えられている施設です。

 

主なユニバーサルデザイン式の公衆トイレ(多機能トイレです)についてです。

ウォッシュレット…使用後に快適に洗浄してくれるシステムです。

水の勢いなどを調整する事ができて、乾燥機能もあります。

オート便座洗浄…自動的に水を流してくれるシステムです。

流し忘れる事が少なくはないので利便性が高い機能です。

手すり…トイレ内での動きがスムーズに移動する事ができます。

特に体の不自由な人や高齢者向けに設置されている事が多いです。

背もたれ…長い間座っていても疲れにくいです。

リモコン…洗浄操作が簡単にする事ができます。

目の不自由な人向けの点字機能があるトイレがあります。

カウンター…肘掛けや子どもや高齢者の手がかりにする事ができます。

基本的に床から70㎝(センチメートルです)程度です。

手洗い場…体を後ろに向けなくても手が洗えます。

手をかざすだけで水が流れます。

ワンハンドカット…片手で簡単にトイレットペーパーを扱う事ができます。

別名は、ワンタッチ紙巻き器です。

トイレットペッパーの取り付けやカットができます。

 
 
    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

ソーシャルメディア