IoTの基礎知識【初心者講座~上級者講座】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

既存の産業構造を大きく変化する可能性を秘めたIoTは、効率化を加速させる技術です。

特に現代では、危険が伴う仕事や人の重労力や拘束時間などが大きく話題になっています。

しかしモノのインターネットが普及する事によって、

製品を作るだけの時代から継続的なサービスを生む時代に移り変わっていきます。

さらに個人向けや法人向けなどのモノは、所有から利用する時代です。

IoTの基礎知識について

IoTは、ありとあらゆるモノがインターネットに接続する世界です。

大きな特徴は、センサー・クラウド・人工知能・アクチュエートの要素がある事です。

そして、センサーで取得したデータをクラウドにアップロードして、

人工知能が学習した内容に従って判断を下したモノがアクチュエートします。

 

①センサーでモノから情報を収集します。

②インターネットを経由してクラウドにデータを蓄積します。

③クラウドに蓄積されたデータを分析します。

モノによっては、AI(人工知能です)が利用されます。

④結果に応じてアクチュエートします。



IoTの特徴について

①センサー…物体の性質や状態を検知や測定する機器です。

具体例は照度センサー、温度センサー、湿度センサー、人感センサー、レーダーなどです。

●センシング…センサーがデータを取得する事です。

様々な情報を取得する事ができます。

☆IoTに役立つ主なセンサー機器☆

●マイク…音声を取得します。

言葉を解析したり、音の波長を認識する事ができます。

●カメラ…静止画や動画を取得します。

人間を特定したり、空間を把握したりする事ができます。

●自動車…前後の車両や物体との距離、位置関係を把握する事ができます。

 

②クラウド…インターネットワーク経由でユーザーにサービスを提供する形態の事です。

別名は、クラウド・コンピューターです。

大きな特徴は、インターネット環境を通じてどこからでもサービスを利用する事ができます。

具体例はiTunes Store、Gmail、AWS、Dockerなどです。

☆IoTに役立つ主なクラウドサービス☆

●Software as a Service…ソフトウェアを提供するクラウドサービスです。

別名は、SaaSです。

●Platform as a Service…開発環境を提供するクラウドサービスです。

別名は、PaaSです。

●Intrastructure as a Service…インフラ(サーバーなどです)を提供するクラウドサービスです。

別名は、IaaSです。

 

③人工知能…人間の脳の動きの1部を模倣した動きをするモノです(IoT向けの人工知能です)

別名は、AIです。

具体例は検索エンジン、自動音声認識、RPAツール、チャットボットなどです。

☆IoTに役立つ主な人工知能関連☆

●機械学習…学習に必要な分け方を応用して判断します。

●ディープラーニング…学習に必要な分け方を人工知能自身が見つけて判断します。

人間と同じ視点で物事を判別する事ができない事があります。

 

④アクチュエーション…人間へのフィードバック(原因や結果に基づいて改善する事です)です。

主にクラウドで行われた判断に基づいてモノが動作します。

具体例は問題解決、人間の課題解決、環境問題解決、企画解決などです。

☆IoTに役立つ主なアクチュエーション関連☆

●表示…介護分野に貢献できます。

●動作…警備分野に貢献できます。

●環境…監視分野に貢献できます。

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター