ヘッジファンドの基礎知識【初心者講座~上級者講座】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
   

株式市場、債券市場、先物市場などの金融市場は、

金融システムを安定化する為に政府や金融機関などがルールを定めています。

特に日本銀行は、物価の安定化を目指しています。

そして為替市場は、通貨危機を引き起こした金融変化が有名です。

さらに通貨危機は、国の通貨の対外的な価値が急激に下がって、

国の金融や経済に大きな混乱を引き起こす事件です。

ヘッジファンドの基礎知識について

ヘッジファンドは、アメリカ合衆国で誕生した特殊形態の投資集団です。

基本的に、王室や超富裕層などの資本家から巨額の出資を受けて資金運用をします。

大きな特徴は、出資者が少人数なので規制を受けにくい事です

(外部からの実態が分かりにくいです)。

そして、出資者が少数なので規制を受けにくい事です。

さらに、運用資金が巨大なので金融市場の影響度があります。

ちなみに、投資信託よりも運用利回りの期待値が高いです。

 

主なヘッジファンドの仕掛け先について

1997年に起きたアジア通貨危機は、アジア各国の急激な通貨下落現象です。

東アジア、東南アジアの各国経済に大きな悪影響を及ぼしました。

そして、タイの通貨『バーツ』から暴落は始まりました。

さらにフィリピンの通貨『ペソ』、 大韓民国の通貨『ウォン』なども暴落していきました。

最終的にタイ、インドネシア、大韓民国がIMFの救済を受けて管理下に入りました。

ちなみに国際通貨基は、国際金融や為替相場などの安定化を目的とした

国際連合の専門機関です。

その後、マレーシア、フィリピン、香港などが打撃を受けました。

ヘッジファンドが、巨大な資金力とレバレッジの攻防で、為替レートの差で利益を得ました。



①ヘッジファンドが通貨の空売りを仕掛けます(通貨を売ります)。

当時、標的の通貨が為替レートにドルペック制を採用していました。

ドルペック制は、固定相場制です(自国の利益を守る制度です)。

自国の貨幣相場を米ドルと連動させるペッグ制です。

 

②通貨当局が買いを支えます(通貨を買います)。

為替レートを守る為に通貨当局は、ヘッジファンドの空売りに対して、

為替介入を行いました。

 

③さらに、ヘッジファンドが通貨の空売りを仕掛けます。

レバレッジを上手く活用して、空売りをたたみかけます。

ちなみにレバレッジ効果は、小さな資金で大きな取引をする事ができる効果です。

マネー経済を巨大な流れにする事が可能になりました。

 

④通貨当局が買いを支えきれず下げます。

固定相場制が崩れて通貨安になります。

 

⑤通貨安になった通貨をヘッジファンドが買い戻します。

空売りで一斉に投下された資金は、一斉に引き上げて利益に変えました。

 

固定相場制を崩された国は、変動相場制に移行をせざるを得ない状況まで追い込みました。

個人投資家と機関投資家について

投資家…金融商品・通貨・不動産・コモディティなどを保有する人です。

ちなみにコモディティは金、石油、米、小麦などです。

 

投機家…短期の値動きによって利益を狙う人です。

別名は、トレーダーです。

 

個人投資家…個人の投資家です。

インターネットの普及によって、証券取引がやりやすくなった事で急増しています。

様々な金融商品に投資している個人投資家のほとんどが、損失を出しています。

 

機関投資家…個人・企業・国家などの資金を預かって資金運用をしている投資家です。

具体例は投資信託、年金基金、保険会社、銀行、投資銀行、財団、マフィアなどです。

巨額な資金を動かすので、金融市場に大きな影響を与えます。

 

エンジェル投資家…創業間もない企業に対して資金を供給する人です。

別名は、ビジネスエンジェルです。

主に投資の見返りとして株式や転換社債を受け取る事が多いです。

 

現在は、海外投資家や外国人投資家の動向によって、

株価を左右する大きな要因になっています。

 
 

Tsubasa Hayashiとつながる


ニュースレター登録

    

Thank you

検索から探す

カテゴリーから探す

最新コーナー

ニュースレター